【楽譜あり】ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)ピアノソロアレンジ

ダニーボーイ

アイルランド民謡の『ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)』をピアノソロアレンジしました。

ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)Danny Boy(Londonderry Air)
動画のアレンジを気に入って下さった方は、こちらから楽譜のダウンロードもできます。
ダニーボーイ楽譜サンプル

ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)とは

「ダニーボーイ」(Danny Boy:1913)は、アイルランドの民謡、「ロンドンデリーの歌」(Londonderry Air)にフレデリック・ウェザリー(Frederick Weatherly)が歌詞を付けたものです。1914年に始まった「第一次世界大戦」の悲劇を予見するような歌詞で、その後の戦争の拡大と共にこの詩が親しまれるようになりました。
「ロンドンデリーの歌」に歌詞を付けたものはたくさんありますが、フレデリック・ウェザリーの歌詞が一番有名です。
歌の内容は、戦争に親しい家族を送り出した人の気持ちを代弁しています。

ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)歌詞・訳詞

ああダニー坊や、パイプの音が、パイプの音が呼んでいる
谷から谷へそれから山際を下って
夏は過ぎ去り、そしてバラも全て落ちてゆく
あなたは、あなたは行かなければ、そして私は耐え忍ばなくては

でも、あなたが戻ってくる頃、夏の牧場に
いいえ、谷間が静かに雪で白くなるときでも
日の輝く中、陰りの中で、私はここに居るでしょう
ああダニー坊や、ああダニー坊や、あなたがとても愛しい

でも。花が全て枯れ落ちる頃、あなたが帰ってきたら
もし私が死んでいて、もしも死んでしまっていても
帰ってきてそして私が横たわる場所を探して
それからひざまづいて、私のために祈りを捧げて

そうすれば私には聴こえるの、静かに、私を周るあなたの歩みが
それから私のお墓は暖かく、安らぐでしょう
あなたが跪いてそれから私を愛してるといってくれたとき
だから私は安らかに眠り続けます、あなたが私の元に帰って来てくれるまで

O Danny boy, the pipes, the pipes are calling
From glen to glen and down the mountainside
The summer’s gone and all the roses falling
‘Tis you, ‘tis you must go and I must bide.

But come ye back when summer’s in the meadow
Or when the valley’s hushed and white with snow
‘Tis I’ll be here in sunshine or in shadow
O Danny boy, O Danny boy, I love you so.

But if ye come and all the flowers are dying
If I am dead, as dead I well may be,
You’ll come and find the place where I am lying
And kneel and say an Ave there for me.

And I shall hear, though soft, your tread around me
And all my grave shall warmer, sweeter be
Then you’ll bend down and tell me that you love me,
And I will sleep in peace until you come to me.

タイトルとURLをコピーしました