ヴェーダーンタ哲学から見た静寂と音楽

静寂と音楽

感覚に縛られる音楽

私は音楽が好きだ。

以前はピアノ調律師として働き、また自分でもピアノを弾き、曲を作るほど音楽が好きだ。

しかしながら、ヴィヴェーカーナンダやラーマクリシュナ、ヴェーダーンタ哲学に触れるにつれ、「感動」であっても、それは感覚に縛られることに他ならないと思うようになった。

静寂を壊す音楽

どのような素晴らしい音楽であっても、静寂を壊すということは否定できない。

だとしたら、静寂を壊すだけの価値が音楽には求められるのではないだろうか。

感覚からの解放

感動ではなく、感覚に縛られることから解放されるかどうかが大切だ。

その準備としての音楽。

感動ではなく心が静かになる音楽。

神聖な気持ちになる音楽。

そういう音楽を目指していきたい。

 

即興的作品
タイトルとURLをコピーしました