おのクリニック

おのクリニック院長

おのクリニック

東京都東村山市にある心療内科・精神科のクリニックです。

医師は院長のみですが、毎週水曜日・土曜日には臨床心理士の方がいらしているため、カウンセリングを受診することもできます。

診療日・時間

毎週火曜・水曜・木曜・土曜日の13時~19時
完全予約制になりますので、受診希望の方は、お電話でご予約をお願い致します。
TEL042-308-0600

アクセス・住所

おのクリニックアクセス

西武新宿線 東村山駅東口徒歩1分

〒189-0014
東京都東村山市本町2-3-92
東住本社ビル5F

診察ポリシー

何重にもわたる発話の往還には相応の時間がかかります。ところが、現在の精神科診療の実情としては、大学病院や市中の大病院などの場合、一人当たりの平均診察時間は10~15分程度ではないでしょうか。もちろん、自由診療を行っているクリニックなどの場合、十分な診療時間を確保できますので理想形に近い診療が可能でしょう。しかし、保険診療を行っている多くの医療機関においては、10~15分前後の診察時間がスタンダードと思われます。

このような制約のある時間枠の中でいかに良質な医療を実践するかが、現在の精神科診療の課題といえるでしょう

残念ながら、その決定的な打開策はいまだ見出されてはおりません。個々の医師が創意工夫を凝らしながら診療を行っているのです。

たとえば、人によっては、診察時に不調や苦しさを吐露することに抵抗を感じてしまい、話せなくなってしまうケースがあります。そのような場合、患者の方があらかじめ家で不調や苦しい点をメモして、診察時に医師に手渡すという方法はとりわけ有効となります(具合の悪い時には、文を書くことすら苦しい作業ですので、メモ程度で十分なのです)。

このような、些細とも思われるような工夫を積み重ねつつ診療を行っているのが、現在の精神科医療の実態であり、当クリニックも「些細な工夫の積み重ね」を実践的目標として掲げたいと考えております。

その一方で、十分な時間をかけてお話を伺わなければ治療がうまく進展しないケースにつきましては、カウンセラーを配備し、カウンセリングを受けられる体制を作りました。カウンセリングを積極的に活用していただけたらと存じます。
(おのクリニックHPより引用)

臨床心理士による心理カウンセリング

女性の臨床心理士がカウンセリングを担当しています。

〇診療日・時間 
毎週水曜・土曜日の14時~18時

〇料金・・・30分2000円

予約制になりますので、事前にお電話でご予約をお願いします。
TEL042-308-0600

小野博行院長プロフィール

 

おのクリニック院長

略歴

昭和59年:東京大学医学部医学科卒業、東京大学医学部附属病院分院神経科入局
平成6年 :同科助手 医局長
平成7年 :同科講師 病棟医長
平成13年:東京大学医学部附属病院精神神経科講師 外来医長
平成14年:財団法人神経研究所附属晴和病院勤務
平成17年:東京芸術大学准教授 保健管理センター勤務
平成21年:医療法人社団飛白会「山下医院」勤務
平成23年6月:「おのクリニック」開設 同クリニック院長

専門医・認定医

精神保健指定医 認定産業医

小野博行院長のブログを紹介

ネガティブスパイラル

1.ネガティブスパイラルとは

ネガティブ・スパイラルという言葉は、ここ数年、経済状況悪化の話題の際にしばしば耳にし、もはやなじみの言葉となっています。脱出しづらいマイナス志向の精神状態を表現するためにも多用されていますが、まずは経済現象でご説明するのがイメージが湧きやすいでしょう。

経済領域では、ネガティブ・スパイラルという言葉ではなく、デフレ・スパイラルという言葉が正式なようですが、デフレ・スパイラルとは、物価下落と景気悪化がスパイラル(螺旋)的に進展していくことです。デフレとは物の価格が下がることですが、物の価格が下がると給与が下がり、給与が下がると消費が控えられるようになって物が売れなくなり、物の価格がさらに下がるという悪循環過程に陥ります。この現象をデフレ・スパイラルといいますが、これになぞらえて、精神におけるネガティブ・スパイラルをご説明しましょう。

「ネガティブ」とは物事に対する認知がマイナスに傾いたり気分状態が落ち込んだりすることを指し示しますが、物事に対する認知がマイナスに傾くと、気分が落ち込みます。気分が落ち込むとプラスに考えられなくなり、さらに物事に対する認知がマイナスに傾きます。人間の精神構造はこのように認知と気分とが連動していますが、これが上記のメカニズムで、ネガティブな方向ばかりへと螺旋状に落ちて行き抜け出せなくなる現象を「ネガティブ・スパイラル」と称します。

2.認知療法

ネガティブな認知を改善する治療法の一つとして、認知療法があります。これはアメリカのアーロン・ベックという精神科医が、1963年にうつ病を治療するために考案した療法ですが、その後、その有効性が認められ、多くの工夫がなされて、今では様々な精神疾患に対する強力な治療法として広く実践されています。簡略化してそれをご紹介しましょう。

[状況A]私はまた女性にふられてしまった。

[自動思考]私には魅力が欠如している。

私には女性とつきあう資格がなんだ。

[合理的反応]たまたま相手と相性があわなかっただけだ。

何度かつきあううちに、相性のいい相手とも出会える。

[状況B]私はまた上司に叱られた。

[自動思考]私には能力がない。

私なんかが会社にいてもみんなに迷惑をかけるだけだ。

[合理的反応]上司から叱られた点を改善することで、

私のスキルは向上する。

叱られれば叱られるほど、私は仕事ができる人間になれる。

以上のように、ネガティブな認知形態になっている「自動思考」を「合理的反応」というポジティブな見方を導入することによって、ネガティブな認知形態の打破・改善をもたらそうとする手法が認知療法です。

3.ネガティブ・スパイラルに陥ったらすみやかに受診を

ですが、ネガティブ・スパイラルに陥っている時には、「合理的反応」というポジティブな見方をすることができません。たとえば、治療者から「たまたま相手と相性があわなかっただけで、何度かつきあううちに、相性のいい相手とも出会えますよ」と言われたとしても、 「いえ、たまたまではありません。二度あることは三度あると申します。次もまたふられる可能性の方が高いのです」とネガティブに考えるでしょうし、また、治療者から「上司の方から叱られた点を改善することで、あなたのスキルは向上します。いわば、叱られれば叱られるほど、あなたは仕事ができる人間になれるのです」
と言われたとしても、「いえ、私には叱られた点を改善する能力なんてありません。そのような能力があれば、とっくに叱られなくなっています」とネガティブに考えるでしょう。

すなわち、ネガティブ・スパイラルに陥っている時には認知がネガティブ一色に染め上げられていて、湧いて来る考えがすべてネガティブな方向性を荷っています。

蟻地獄に落ち込んだような脱出不可能な悪循環。

これこそがネガティブ・スパイラルの実態なのです。

したがって、ネガティブ・スパイラルに陥っている状態には、さすがの認治療法もその効力が及びません。 ネガティブ・スパイラル現象が起きる典型的な病気はうつ病ですが、うつ病以外でも、パニック障害、神経衰弱状態などでも起こります。ネガティブ・スパイラルに陥ったらすみやかに医療機関を受診しましょう。適切な薬物療法によって、ネガティブ一色に染め上げられている認知を改変し、ポジティブな認知の可能性を開くことができます。

脱出不可能な悪循環を断ち切り、ネガティブ・スパイラルから抜け出して、認治療法の効力が及ぶ領域へと救い出すことが可能となるのです。
(おのクリニックHPより引用)

 

関連記事:九星気学・マヤ暦・姓名判断の鑑定・個人レッスンと通信講座

タイトルとURLをコピーしました