力【パタンジャリのヨーガスートラ、ラージャ・ヨーガ】ヴィヴェーカーナンダ全集第一巻

ヴィヴェーカーナンダ

ヨガの力が説明されている章に来ました。

देशबन्धश्चित्तस्यधारणा॥१。

1.ダーラナはある特定の対象に心を留めています。

ダラナ(集中)とは、精神が体の中または体の外にある物体をつかみ、その状態を維持することです。

तत्रप्रत्ययैकतानताध्यानम्॥२。

2.そのオブジェクトにおける途切れることのない知識の流れはDhyânaです。

精神は、頭のてっぺんや心臓など、ある特定の場所に自分自身を保持するために、1つのオブジェクトについて考えようとします。そして、精神が体のその部分を通してのみ感覚を受け取ることに成功した場合、他の部分、それはダラナであり、精神がしばらくの間その状態を維持することに成功したとき、それはディヤナ(調停)と呼ばれます。

तदेवार्थमात्रनिर्भासंस्वरूपशून्यम

3.それが、すべての形をあきらめて、意味だけを反映するとき、それはサマーディです。

それは瞑想中に形や外側の部分が諦められたときに起こります。私が本について瞑想していて、徐々にその本に心を集中させることに成功し、いかなる形でも表現されていない内的感覚、つまり意味だけを知覚することに成功したとしましょう。そのディヤーナの状態はサマディと呼ばれます。

त्रयमेकत्रसंयमः॥४。

4.(これら)1つのオブジェクトに関して(練習した場合)3つはSamyamaです。

人が特定の物体に心を向けてそこに固定し、それを長期間そこに保ち、物体を内部から分離することができるとき、これはサムヤマです。または、ダラナ、ディヤナ、サマディを次々と作ります。物の形は消え、その意味だけが頭に残っています。

तज्जयात्प्रज्ञाऽऽलोकः ॥५。

5.それを征服することによって、知識が明らかになります。

このサムヤマを作ることに成功すると、すべての力が彼の支配下に置かれます。これはヨギの素晴らしい楽器です。知識の対象は無限であり、グロス、グロス、グロス、ファイン、ファイン、ファインなどに分けられます。このサムヤマは最初にグロスなものに適用されるべきであり、あなたがこのグロスの知識を段階的にゆっくりと学び始めたら、それはより細かいものにもたらされるべきです。

तस्यभूमिषुविनियोगः॥६。

6.それは段階的に採用されるべきです。

これは、速すぎないように警告するメモです。

त्रयमन्तरङ्गंपूर्वेभ्यः॥७。

7.これらの3つは、前のものよりも内部的です。

これらの前に、プラティヤーマ、プラナヤーマ、アーサナ、ヤマ、ニヤマがありました。それらは、ダラナ、ディヤナ、サマディの3つの外部部分です。人が彼らに到達したとき、彼は全知と全能に到達するかもしれませんが、それは救いではありません。これらの3つは; 心を変化のないニルビカルパにしないでください、しかし体を再び得るための種を残します。ヨギが言うように、種が「揚げられた」ときだけ、それらはさらなる植物を生産する可能性を失います。これらの力は種を揚げることができません。

तदपिबहिरङ्गंनिर्बीजस्य॥८。

8.しかし、それらでさえ種なし(サマーディ)の外部にあります。

したがって、その種なしサマディと比較すると、これらも外部のものです。私たちはまだ本当のサマディに到達していません。それは最高ですが、私たちが見ているようにこの宇宙がまだ存在し、これらすべての力がある、より低い段階です。

व्युत्थान-निरोधसंस्कारयोरभिभव-प्रादुर्भावौनिरोधक्षणचित्तान्वयोनिरोध-परिणामः0.9。

9.精神の乱れた印象の抑制と、支配の印象の上昇によって、その支配の瞬間に存続する精神は、支配的な修正を達成すると言われています。

つまり、サマディのこの最初の状態では、精神の変化は制御されていますが、完全ではありません。もしそうなら、変化がないからです。精神が感覚を駆け抜けるように駆り立てる修正があり、ヨギがそれを制御しようとすると、その制御自体が修正になります。ある波は別の波によってチェックされるので、コントロール自体が波になるので、すべての波が沈静化する本物のサマーディではありません。しかし、この低いサマディは、心が泡立つときよりも高いサマディに非常に近いです。

तस्यप्रशान्तवाहितासंस्कारात्॥१०。

10.その流れは習慣によって安定します。

この継続的なマインドコントロールの流れは、日々実践することで安定し、マインドは一定の集中力を身につけます。

सर्वार्थतैकाग्रतयोःक्षयोदयौचित्तस्यसमाधि-परिणामः0.11。

11.あらゆる種類のオブジェクトを取り込み、1つのオブジェクトに集中すると、これら2つの力がそれぞれ破壊されて現れ、チッタはサマディと呼ばれる修正を取得します。

精神はさまざまな物を取り上げ、あらゆる種類のものにぶつかります。それが下の状態です。それが1つのオブジェクトを取り上げ、他のすべてのオブジェクトを除外すると、より高い精神状態があり、その結果、サマディが生まれます。

शान्तोदितौतुल्यप्रत्ययौचित्तस्य्

12.チッタのワンポイントは、過去の印象と現在の印象が似ている場合です。

心が集中していることをどうやって知るのでしょうか?時間の概念が消えてしまうからです。気づかれずに時間が経つほど、私たちは集中します。普段の生活では、本に興味があるときは時間をまったく気にせず、本を離れるときは何時間経ったのかと驚かされることがよくあります。すべての時間は 、現在の1つに来て立つ傾向があります。したがって、定義は次のとおりです。過去と現在が一つになって立ち上がると、心が集中していると言われています。1

एतेनभूतेन्द्रियेषुधर्मलक्षणावस्थापरिणामाव्याख्याताः0.13。

13.これにより、微細または粗大な物質および器官における形態、時間および状態の3つの変化が説明されます。

形、時間、状態に関する心の3つの変化によって、肉眼的および微妙な物質と器官の対応する変化が説明されます。金の塊があるとしましょう。それはブレスレットに、そして再びイヤリングに変わります。これらはフォームに関する変更です。時間の観点から見た同じ現象は、私たちに時間の変化をもたらします。この場合も、ブレスレットまたはイヤリングは、明るいまたは鈍い、厚いまたは薄いなどの場合があります。これは状態の変更です。今、格言9、l1、12を参照すると、精神的なものがVrittisに変化しています—これは形の変化です。それが過去、現在、そして未来の瞬間を通過することは、時間に関して変化です。ある特定の期間、たとえば現在の中での強さに関して印象が変化するということは、状態に関して変化です。III。4.4。

शान्तोदिताव्यपदेश्यधर्मानुपातोधर्म

14. 過去、現在、またはまだ明らかにされていない変換によって作用されるものは、資格があります。

つまり、資格があるのは、時間とサムスカーラによって作用され、変化し、常に現れている物質です。

क्रमान्यत्वंपरिणामान्यत्वेहेतुः॥॥

15.変化の連続は、多様体の進化の原因です。

परिणामत्रयसंयमादतीतानागतज्ञानम्॥१६६

16.三山を三種類の変化に変えることで、過去と未来の知識が生まれます。

サムヤマの最初の定義を見失わないでください。精神が物体の内部の印象で自分自身を識別し、外部を離れるときにその状態に達したとき、そして長い練習によって、それが精神によって保持され、精神がすぐにその状態に入ることができるとき、サムヤマです。その州の人が過去と未来を知りたければ、彼はサンスカーラの変化についてサムヤマを作らなければなりません(III.13)。現在働いている人もいれば、うまくいった人もいれば、働くのを待っている人もいます。それで、これらの上にサムヤマを作ることによって、彼は過去と未来を知っています。

शब्दार्थप्रत्ययानामितरेतराध्यासात्सङ्करस्तत्प्रविभागसंयमात्सर्वभूतरुतज्ञानम्0.17。

l7。サムヤマを言葉で作ることで、通常は混乱する意味や知識が、すべての動物の音の知識になります。

言葉は外的原因を表し、意味は五根のチャネルを通って脳に伝わり、 精神に対する外部の印象、そして知識は、知覚を伴う精神の反応を表しています。これらの3つは、混乱して、私たちの意味のあるオブジェクトになります。単語を聞いたとしましょう。最初に外部の振動があり、次に聴覚器官によって精神に運ばれる内部の感覚があり、次に精神が反応し、私はその言葉を知っています。私が知っている言葉は、振動、感覚、反応の3つが混ざり合ったものです。通常、これら3つは切り離せません。しかし、実際には、ヨギはそれらを分離することができます。人がこれに到達したとき、何かの音で三山を作ると、人が作ったものであれ、他の動物であれ、その音が表現しようとした意味を理解します。

संस्कारसाक्षात्करणात्पूर्वजातिज्ञानन

18.印象を知覚することによって、(来る)過去の人生の知識。

私たちが経験するそれぞれの経験は、チッタの波の形でやって来ます、そしてこれは沈静化し、ますます細かくなりますが、決して失われることはありません。そこには微細な形で残っており、この波を再び起こせれば記憶になります。ですから、ヨギがこれらの過去の印象を心に留めてサムヤマを作ることができれば、彼は彼の過去の人生をすべて思い出し始めるでしょう。

प्रत्ययस्यपरचित्तज्ञानम्॥१ ९。

19.サムヤマを他人の体のしるしに作ることによって、彼の心の知識が生まれます。

それぞれの人は彼の体に特定の兆候を持っており、それは彼を他の人と区別します。ヨギがこれらのしるしでサムヤマを作るとき、彼はその人の心の性質を知っています。

नचतत्सालम्बनंतस्याविषयीभूतत्वात्

20.しかし、その内容ではなく、それは三山の目的ではありません。

体に三山を作っても心の内容がわからない。最初に体の兆候に、次に心自体に、2つのサムヤマが必要になるでしょう。そうすれば、ヨギはその心にあるすべてを知るでしょう。

कायरूपसंयमात्तद्ग्राह्यशक्ति-स्तम्भेचक्षुःप्रकाशासंप्रयोगेन्तर्धानम्0.21。

21.サムヤマを体の形に作り、形の知覚を妨げ、目の顕現の力を分離することによって、ヨギの体は見えなくなります。

この部屋の真ん中に立っているヨギはどうやら消えることができます。彼は本当に消えることはありませんが、誰にも見られません。形と体は、いわば分離されています。これは、形と形成されたものが分離されたときにヨギがその集中力に達したときにのみ行うことができることを覚えておく必要があります。それから彼はその上で三山を作ります、そして形を知覚する力は形と形成されたものの接合から来るので、形を知覚する力は妨げられます。

एतेनशब्दाद्यन्तर्धानमुक्तम्॥२२。

22.これにより、話されている言葉の消失や隠蔽なども説明されます。

सोपक्रमंनिरुपक्रमंचकर्मतत्संयमादपरान्तज्ञानमरिष्टेभ्योवा0.23。

23.カルマには2種類あります—すぐに結実することと遅れて結実することです。 これらの上にサミヤナを作ることによって、または前兆であるアリシュタと呼ばれる標識によって、ヨギは彼らの体から離れる正確な時間を知っています。

ヨギが自分のカルマでサムヤマを作るとき、彼の心の中で現在働いている印象と、ちょうど働くのを待っている印象に基づいて、彼は自分の体がいつ落ちるかを待っている人々によって正確に知っています。彼はいつ、何時に、何分に死ぬかを知っています。ヒンズー教徒は、死の近さについてのその知識や意識を非常によく考えています。なぜなら、出発の瞬間の考えは次の人生を決定する大きな力であるとギーターで教えられているからです。

मैत्र्यादिषुबलानि॥२४。

24.友情や憐れみなどで三山を作ることによって(I. 33 )、ヨギはそれぞれの資質に優れています。

बलेषुहस्तिबलादीनि॥२५。

25.象などの力で三山を作ることで、それぞれの力がヨギに伝わります。

ヨギはこのサムヤマに到達して力を欲しがると、象の力でサムヤマを作り、それを手に入れます。彼がそれを得る方法を知っているだけであるならば、無限のエネルギーは誰でも自由に使える。ヨギはそれを手に入れる科学を発見しました。

प्रवृत्त्यालोकन्यासात्सूक्ष्म-व्यवहित-विप्रकृष्टज्ञानम्0.26。

26.エフルジェントライト(I. 36 )でサムヤマを作ることによって、罰金、妨害された、そして遠隔の知識がもたらされます。

ヨギが心の中でそのエフルジェント ライトにサムヤマを作るとき、彼は非常に遠いもの、例えば、遠くで起こっているもの、そして山の障壁によって遮られているもの、そしてまた非常に細かいものを見ます。

भुवनज्ञानंसूर्येसंयमात्॥२७。

27.サムヤマを太陽の上で作ることによって、世界の知識が(来る)。

चन्द्रेताराव्यूहज्ञानम्॥२८。

28.月に、星団の知識が(来る)。

ध्रुवेतद्गतिज्ञानम्॥२ ९。

29.北極星では、(来る)星の動きの知識。

नाभिचक्रेकायव्यूहज्ञानम्॥३०。

30.へそ円上で、体の体質の知識が(来る)。

कण्ठकूपेक्षुत्पिपासानिवृत्तिः॥३११

31.喉のくぼみで、(来る)空腹の停止。

男がとてもお腹が空いたとき、喉のくぼみに三山を作ることができれば、空腹は止まります。

कूर्मनाड्यांस्थैर्यम्॥३२。

32.クルマと呼ばれる神経で、体の固定が(来る)。

彼が練習しているとき、体は邪魔されません。

मूर्धज्योतिषिसिद्धदर्शनम्॥३३。

33.頭のてっぺんから発せられる光の上で、シッダの光景。

シッダは幽霊より少し上にいる存在です。ヨギが頭のてっぺんに心を集中させると、彼はこれらのシッダを見るでしょう。シッダという言葉は、自由になった男性を指すものではありません。これは、よく使われる意味です。

प्रातिभाद्वासर्वम्॥३४。

34.または、プラティバの力によって、すべての知識。

これらはすべて、サムヤマなしで、プラティバ(純粋さからの自発的な悟り)の力を持っている人に来ることができます。人がプラティバの高い状態に上昇したとき、彼はその素晴らしい光を持っています。すべてのものは彼に明らかです。サムヤマを作ることなく、すべてが自然に彼にやってくる。

ह्रदयेचित्त-संवित्॥३५。

35.心の中では、心の知識。

सत्त्वपुरुषयोरत्यन्तासंकीर्णयोःप्रत्ययाविशेषाद्भोगःपरार्थत्वात्स्वार्थसंयमात्पुरुषज्ञानम्0.36。

36.楽しみは、魂とサットヴァの無差別から来ています。サットヴァの行動は別のものであるため、まったく異なります。自己中心的なものの三山はプルシャの知識を与えます。

光と幸福を特徴とするプラクリティの修正であるサットヴァのすべての行動は、魂のためのものです。サットヴァがエゴイズムから解放され、プルシャの純粋な知性に照らされているとき、それは自己中心的なものと呼ばれます。その状態では、それはすべての関係から独立するからです。

ततःप्रातिभश्रावणवेदनादर्शास्वादवार्

37.そこから、 プラティバと(超自然的な)聴覚、触覚、視覚、味覚、嗅覚に属する知識が生まれます。

तेसमाधावुपसर्गाव्युत्थानेसिद्धयः。

38.これらはサマディへの障害です。しかし、彼らは世俗的な状態の力です。

ヨギにとって、世界の楽しみについての知識は、プルシャと精神の融合によってもたらされます。自然と魂という二つの異なるものであるという知識で三山を作りたいのなら、プルシャの知識を得る。それから差別が生じます。彼がその差別を受けたとき、彼は最高の天才の光であるプラティバを手に入れます。しかし、これらの力は、最高の目標の達成、純粋な自己の知識、そして自由への障害です。これらは、いわば、途中で満たされる必要があります。そして、ヨギがそれらを拒絶した場合、彼は最高を達成します。彼がこれらを取得したい場合、彼のそれ以上の進歩は妨げられます。

बन्धकारणशैथिल्यात्प्रचारसंवेदनाच्चचित्तस्यपरशरीरावेशः0.3 9。

39.チッタの束縛の原因が緩むと、ヨギはその活動の経路(神経)を知っていることによって、他の人の体に入ります。

ヨギは、彼自身が別の体で働いている間でさえ、死体に入り、それを起き上がらせて動かすことができます。あるいは、彼は生体に入り、その男の心と器官を抑制し、当分の間、その男の体を通して行動することができます。それは、このプルシャと自然の差別に来るヨギによって行われます。彼が他人の体に入りたいのなら、彼はその体の上にサムヤマを作り、そこに入ります。なぜなら、彼の魂は遍在しているだけでなく、ヨギが教えているように彼の精神もあるからです。それは普遍的な心のほんの一部です。しかし今では、それは機能するだけです。この体の神経の流れを通して、しかしヨギがこれらの神経の流れから自分自身を緩めたとき、彼は他のことを通して働くことができます。

उदानजयाज्जलपङ्ककण्टकादिष्वसङ्गउत्

40.ウダナと呼ばれる流れを征服することによって、ヨギは水や沼に沈むことなく、とげなどの上を歩くことができ、自由に死ぬことができます。

ウダナは肺と上半身を支配する神経電流の名前であり、それをマスターすると体重が軽くなります。彼は水に沈みません。彼はとげと剣の刃の上を歩き、火の中に立つことができ、好きなときにいつでもこの人生を去ることができます。

समानजयात्प्रज्वलनम्॥४१。

41.現在のサマナの征服によって、彼は光の炎に囲まれています。

彼が好きなときはいつでも、彼の体から光が点滅します。

श्रोत्राकाशयोःसम्बन्धसंयमाद्दिव्य

42.耳とアーカーシャの関係についてサムヤマを作ることによって、神の聴覚が生まれます。

アカシャ、エーテル、そして楽器、耳があります。それらの上にサムヤマを作ることによって、ヨギは超常的な聴聞を得る。彼はすべてを聞きます。彼が聞くことができる何マイルも離れて話されたり聞こえたりしたもの。

कायाकाशयोःसम्बन्धसंयमाल्लघुतूलसमापत्तेश्चाकाशगमनम्0.43。

43.アカシャと身体の関係をサムヤマにし、脱脂綿などのように軽くすることで、瞑想することで、ヨギは空を通り抜けます。

このアカシャはこの体の素材です。体になったのは、ある形のアカシャだけです。ヨギがこのアカシャ素材で三山を作ると、アカシャの軽さが得られ、空中どこへでも行けるようになります。したがって、他の場合も同様です。

बहिरकल्पितावृत्तिर्महाविदेहाततःप。

44.サムヤマを心の「本当の修正」で行うことによって、体の外側で、大きな身体の欠如と呼ばれ、光への覆いの消失が起こります。

その愚かさの精神は、それがこの体で働いていると思います。精神が遍在しているのに、なぜ私は1つの神経系に縛られ、自我を1つの体だけに入れる必要があるのでしょうか。私がすべき理由はありません。ヨギは好きなところに自我を感じたいと思っています。身体にエゴイズムがない場合に生じる精神的な波は、「本当の修正」または「大きな身体の欠如」と呼ばれます。彼がこれらの修正でサムヤマを作ることに成功したとき、光へのすべての覆いは消え、すべての暗闇と無知は消えます。彼にはすべてが知識に満ちているように見えます。

स्थूल-स्वरूप-सूक्ष्मान्वयार्थवत्त्

45.サムヤマを要素の粗くて細かい形、それらの本質的な特徴、それらの中にあるグナの固有性、そして魂の経験への貢献について作ることによって、要素を習得することができます。

ヨギは、最初にグロスで、次に細かい状態で、要素についてサムヤマを作ります。この三山 は仏教の宗派によってもっと取り上げられています。彼らは粘土の塊を取り、その上に三山を作り、徐々にそれが構成されている微細な材料を見始め、その中のすべての微細な材料を知ったとき、彼らはその要素を支配します。だからすべての要素で。ヨギはそれらすべてを征服することができます。

ततोऽणिमादिप्रादुर्भावःकायसम्पत्तद्

46.そこから、細かさと残りの力、「体の栄光」、そして体の質の破壊不可能性が生まれます。

これは、ヨギが8つの力を獲得したことを意味します。彼は自分自身を粒子のように細かく、山のように大きく、地球のように重く、または空気のように軽くすることができます。彼は好きなものに到達することができ、彼が望むすべてを支配することができ、彼は彼が望むすべてを征服することができます。ライオンは子羊のように彼の足元に座り、彼のすべての欲望は意のままに満たされます。

रूप-लावण्य-बल-वज्रसंहननत्वानिकायसम्。

47.「体の美化」とは、美しさ、顔色、強さ、アダマンチンの硬さです。

体は破壊できなくなります。何もそれを傷つけることはできません。ヨギが望むまで、それを破壊することはできません。「彼は自分の体でこの宇宙に住んでいる時間の棒を壊します。」ヴェーダには、その男性にとって、これ以上の病気、死、痛みはないと書かれています。

ग्रहण-स्वरूपास्मितान्वयार्थवत्त्वसंयमादिन्द्रियजयः0.48。

48.オルガンの客観性と照明の力、エゴイズム、グナの固有性、そして魂の体験への貢献についてサムヤマを作ることによって、オルガンの征服がもたらされます。

外部の物体の知覚では、器官は精神の中でその場所を離れ、物体に向かって進みます。これに知識が続きます。利己主義もその行為に存在します。ヨギがこれらと他の2つをグラデーションでサムヤマにするとき、彼は臓器を征服します。あなたが見たり感じたりするものは何でも、例えば本を取り上げてください。最初にそれに心を集中させ、次に本の形である知識に集中し、次に本を見る自我に集中します。その練習によって、すべての臓器が征服されます。

ततोमनोजवित्वंविकरणभावःप्रधानजयश्

49.それから、精神のような急速な動きの力、体から独立した器官の力、そして自然の征服が体にもたらされます。

要素の征服によって栄光の体が来るのと同じように、器官の征服から上記の力が生まれます。

सत्त्वपुरुषान्यताख्यातिमात्रस्यसर्वभावाधिष्ठातृत्वंसर्वज्ञातृत्वञ्च0.50。

50.サットヴァとプルシャの差別についてサムヤマを作ることによって、全能と全知がもたらされます。

自然が征服され、プルシャと自然の違いが認識されたとき、つまりプルシャは破壊不可能で、純粋で、完璧であることがわかったとき、全能性と全知性が生まれます。

तद्वैराग्यादपिदोषबीजक्षयेकैवल्यम

51.これらの力さえあきらめることによって、悪の種そのものが破壊され、それがカイヴァリヤにつながります。

彼は孤独と独立を達成し、自由になります。全能と全知の考えさえあきらめるとき、天の存在からの誘惑の楽しみの完全な拒絶が起こります。ヨギがこれらすべての素晴らしい力を見て、それらを拒絶したとき、彼は目標に到達します。これらすべての力は何ですか?単に症状。彼らは夢に勝るものはありません。全能でさえ夢です。それは心次第です。心がある限りそれは理解できますが、目標は心さえも超えています。

स्थान्युपनिमन्त्रणेसङ्गस्मयाकरणंपुनरनिष्टप्रसङ्गात्0.52。

52.ヨギは、再び悪を恐れるために、天の存在の序曲に魅了されたり、お世辞を言われたりしてはなりません。

他にも危険があります。神々や他の存在がヨギを誘惑するようになります。彼らは誰もが完全に自由になることを望んでいません。彼らは私たちと同じように嫉妬し、時には私たちよりも悪いです。彼らは自分たちの場所を失うことを非常に恐れています。完璧に達しないヨギは死んで神になります。直接の道を離れると、彼らは脇道の1つに入り、これらの力を手に入れます。そして、再び、彼らは生まれなければなりません。しかし、これらの誘惑に耐えてゴールに直行するのに十分強い彼は自由になります。

क्षण-तत्क्रमयोःसंयमाद्विवेकजंज्ञा

53.サムヤマを時間の粒子とその歳差運動と継承で作ることによって、差別が生まれます。

これらすべてのもの、これらのデーヴァ、天国、そして権力をどのように回避するのでしょうか?差別によって、悪から善を知ることによって。したがって、差別の力を強化することができる三山が与えられます。これは、時間の粒子とその前後の時間で三山を作ることによってです。

जाति-लक्षण-देशैरन्यतानवच्छेदात्तुल्ययोस्ततःप्रतिपत्तिः0.54。

54.種、標識、場所で区別できないものは、上記のサムヤマで区別されます。

私たちが苦しんでいる惨めさは、無知、現実と非現実の無差別から来ています。私たちは皆、悪いことを良いこと、夢を現実にしています。魂は唯一の現実であり、私たちはそれを忘れています。肉体は非現実的な夢であり、私たちは皆肉体だと思います。この無差別が惨めさの原因です。それは無知によって引き起こされます。差別が来るとき、それは力をもたらします、そしてそれから私達だけでこれらの様々な体、天、そして神の考えをすべて避けることができます。この無知は、種、記号、場所によって区別することによって発生します。たとえば、牛を連れて行きます。牛は種によって犬と区別されます。牛だけでも、どうやって牛と牛を区別するのでしょうか?標識によって。2つのオブジェクトが完全に類似している場合、それらが異なる場所にあるかどうかを区別できます。これらの差異でさえ私たちを助けないほどオブジェクトが混同されている場合、上記の実践によって獲得された識別力は私たちにそれらを区別する能力を与えます。ヨギの最高の哲学は、プルシャが純粋で完璧であり、この宇宙に存在する唯一の「シンプル」であるというこの事実に基づいています。肉体と精神は複合体ですが、それでも私たちは自分自身をそれらと同一視しています。これは区別が失われたという大きな間違いです。この差別の力が達成されたとき、人はこの世界のすべてが精神的および肉体的に複合体であり、それ自体がプルシャになることはできないことを理解します。ヨギの最高の哲学は、プルシャが純粋で完璧であり、この宇宙に存在する唯一の「シンプル」であるというこの事実に基づいています。肉体と精神は複合体ですが、それでも私たちは自分自身をそれらと同一視しています。これは区別が失われたという大きな間違いです。この差別の力が達成されたとき、人はこの世界のすべてが精神的および肉体的に複合体であり、それ自体がプルシャになることはできないことを理解します。ヨギの最高の哲学は、プルシャが純粋で完璧であり、この宇宙に存在する唯一の「シンプル」であるというこの事実に基づいています。肉体と精神は複合体ですが、それでも私たちは自分自身をそれらと同一視しています。これは区別が失われたという大きな間違いです。この差別の力が達成されたとき、人はこの世界のすべてが精神的および肉体的に複合体であり、それ自体がプルシャになることはできないことを理解します。

तारकंसर्वविषयंसर्वथाविषयमक्रमञ्चेतिविवेकजंज्ञानम्0.55。

55.救いの知識とは、すべてのオブジェクトをすべてのバリエーションで同時にカバーする識別の知識です。

知識がヨギを生と死の海を越えて連れて行くので、節約します。微妙なものから粗大なものまで、すべての州のプラクリティ全体がこの知識の範囲内にあります。この知識による知覚の継承はありません。一目ですべてを同時に取り入れます。

सत्त्वपुरुषयोःशुद्धिसाम्येकैवल्त

56. SattvaとPurushaの純度の類似性により、Kaivalyaが生まれます。

魂が、神から最下層の原子まで、宇宙の何にも依存していないことに気づいたとき、それはカイヴァリヤ(孤立)と完全性と呼ばれます。サットヴァ(知性)と呼ばれるこの純度と不純物の混合物がプルシャ自体と同じくらい純粋になったときに達成されます。それから、サットヴァはプルシャである純粋さの無条件の本質だけを反映します。

^格言9、11、12で言及されている3種類の集中力の違いは、次のとおりです。最初に、邪魔された印象は単に抑制されますが、ちょうど入ってくる制御の印象によって完全に消し去られることはありません。前者は大胆な浮き彫りになっている後者によって完全に抑制され、3番目は最も高いもので抑制の問題はありませんが、同じような印象だけがストリームで互いに成功します。—エド。

パタンジャリのヨーガスートラ 関連記事

序言

序言【パタンジャリのヨーガスートラ、ラージャ・ヨーガ】ヴィヴェーカーナンダ全集第一巻
ヨガの格言に入る前に、私は一つの大きな質問について議論しようと思います。それは、ヨギの宗教の理論全体に基づいています。世界の偉大な精神の意見のコンセンサスのようであり、私たちが現在の相対的な状態の後ろにある絶対的な状態の結果と現れであり、前進していることは、物理的性質の研究によってほぼ実証されています、その絶対に戻るために。これが認められた場合、問題は次のとおりです。絶対状態とこの状態のどちらが良いですか。この顕在化した状態が人間の最高の状態であると考える人々を望んでいません。大口径の思想家は、私たちが未分化の存在の現れであり、分化した状態が絶対よりも高いという意見です。彼らは、絶対に品質はあり得ないと想像しています。それは無感覚で、鈍く、そして活気がないに違いないこと。この人生だけを楽しむことができるので、私たちはそれに固執しなければなりません。まず第一に、私たちは人生の他の解決策を調べたいと思います。死後の人間は同じままであるという古い解決策がありました。彼のすべての良い面から悪い面を除いて、永遠に残った。論理的に言えば、これは人間の目標が世界であることを意味します。この世界はより...

心の集中、その霊的効用

心の集中、その霊的効用【パタンジャリのヨーガスートラ、ラージャ・ヨーガ】ヴィヴェーカーナンダ全集第一巻
अथयोगानुशासनम्॥१。 1.さて、心の集中について説明します。 योगश्चित्तवृत्तिनिरोधः॥२。 2.ヨガは、精神的なもの(Chitta)がさまざまな形(Vrittis)をとることを抑制しています。 ここではかなりの説明が必要です。Chittaとは何か、Vrittisとは何かを理解する必要があります。目があります。目が見えない。頭の中にある脳の中心を取り除いてください。目はまだそこにあり、網膜は完全であり、それらの上の物体の写真もありますが、目は見えません。したがって、目は二次的な道具にすぎず、視覚器官ではありません。視覚器官は脳の神経中枢にあります。両目は十分ではありません。時々、男は目を開けて眠っています。光はそこにあり、絵はそこにありますが、3番目のことが必要です-心は器官に結合されなければなりません。目は外部機器です。脳の中心と精神のエージェンシーも必要です。馬車は通りを転がり落ちます、そしてあなたはそれらを聞きません。どうして?あなたの精神が聴覚器官に付着していないからです。最初に楽器があり、次に器官があり、そして第三に、これらの2つに付...

心の集中、その実践

心の集中、その実践【パタンジャリのヨーガスートラ、ラージャ・ヨーガ】ヴィヴェーカーナンダ全集第一巻
तपःस्वाध्यायेश्वरप्रणिधानानिक्रिया 1.仕事の成果を神に委ね、研究し、降伏させることをクリヤー・ヨーガと呼びます。 私たちが最後の章を終えたサマディは、達成するのが非常に困難です。ゆっくりと取り上げなければなりません。最初のステップである準備ステップは、クリヤーヨガと呼ばれます。文字通り、これはヨガに向けて働く仕事を意味します。器官は馬であり、精神は手綱であり、知性は戦車であり、魂はライダーであり、体は戦車です。家の主人である王、人間の自己がこの戦車に座っています。馬が非常に強く、手綱に従わない場合、知性である戦車が馬を制御する方法を知らない場合、戦車は悲しみに陥ります。しかし、臓器、馬がうまく制御されていて、手綱、精神が戦車、知性の手にしっかりと握られていれば、戦車は目標に到達します。したがって、どういう意味ですか この屈辱によって?体と臓器を導きながら手綱をしっかりと握ります。彼らに好きなことをさせないで、両方を適切に管理します。研究。この場合の研究とはどういう意味ですか?小説や物語の本の研究ではなく、魂の解放を教えるそれらの作品の研究。この場合も...

独立

独立【パタンジャリのヨーガスートラ、ラージャ・ヨーガ】ヴィヴェーカーナンダ全集第一巻
जन्मौषधि-मन्त्र-तपः-समाधिजाःसिद्धयय 1.シッディ(力)は、誕生、化学的手段、言葉の力、屈辱、または集中によって達成されます。 時々、人はシッディ、もちろん、彼が前の化身で獲得した力で生まれます。今回は、いわばその実を楽しむために生まれました。サンキヤ哲学の偉大な父であるカピラは、生まれながらのシッダ、つまり文字通り成功を収めた男であったと言われています。 ヨギは、これらの力は化学的手段によって得ることができると主張しています。皆さんは、化学がもともと錬金術として始まったことを知っています。男性は賢者の石や生命の秘薬などを探しに行きました。インドには、ラサーヤナと呼ばれる宗派がありました。彼らの考えは、理想、知識、精神性、そして宗教はすべて非常に正しいが、体はこれらすべてを達成するための唯一の道具であるというものでした。体がたまに終わりを迎えるとしたら、目標を達成するのにもっと時間がかかるでしょう。たとえば、男性はヨガを練習したい、またはスピリチュアルになりたいと思っています。彼が非常に遠くまで進む前に、彼は死にます。それから彼は別の体を取り、再...

ヨガのための参照

ヨガのための参照【パタンジャリのヨーガスートラ、ラージャ・ヨーガ】ヴィヴェーカーナンダ全集第一巻
Agniryatrabhimathyatevayuryatradhirudhyate。 सोमोयत्रातिरिच्यतेतत्रसञ्जायतेम。 6.火がこすられ、空気が制御され、相馬が流れる場所には、(完璧な)精神が生まれます。 体、心、心、そして心はすべて 包括的です。 Brahmodupen Prataret Scholarly Source AllTerrible 。 8.胸、喉、頭を直立させた状態で体をまっすぐに置き、臓器を精神に入れ、セージはバラモンのいかだによってすべての恐ろしい流れを横切ります。 Pranan prapidyeh samyuktchestha:弱い魂nasikyochchvasita。 वाहमेनंविद्वान्मनोदुष्टाश्वयुक्तमिव धारयेताप्रमत्तः0.9。 9.よく規制された努力の人がプラーナを支配します。静かになると、鼻孔から息を吐き出します。戦車兵が馬を抱きしめるので、忍耐強い賢人は彼の心を抱きます。 同じShuchauSharkaravahniwaluka- Vivarjit...
タイトルとURLをコピーしました