宗教の必要性【ギャーナ・ヨーガ、ジュニヤーナヨガ】ヴィヴェーカーナンダ全集第二巻

ヴィヴェーカーナンダ

人類の運命を形作るために働いてきた、そして今も働いているすべての力の中で、確かに、それよりも強力なものはありません。その現れは私たちが宗教と呼んでいます。すべての社会組織は、どこかでその独特の力の働きを背景として持っており、人間のユニットの間でこれまでにもたらされた最大のまとまりのある衝動は、この力から得られました。非常に多くの場合、宗教の絆が人種、気候、さらには降下の絆よりも強いことが証明されていることは、私たち全員にとって明らかです。同じ神を崇拝し、同じ宗教を信じる人々が、単に同じ子孫の人々、あるいは兄弟でさえも、はるかに強い力と不変で互いに立っていたことはよく知られている事実です。宗教の始まりをたどるためにさまざまな試みがなされてきました。

2つの理論が現代の学者の間である程度受け入れられています。1つは宗教の精神理論であり、もう1つは無限の概念の進化です。ある政党は、祖先崇拝は宗教的思想の始まりであると主張しています。もう1つは、その宗教は自然の力の擬人化に端を発しています。人は死んだ親戚の記憶を保ち、体が溶けても生きていると思い、彼らのために食べ物を置き、ある意味で彼らを崇拝したいと思っています。その中から、私たちが宗教と呼ぶ成長が生まれました。

エジプト人、バビロニア人、中国人、およびアメリカや他の場所での他の多くの人種の古代の宗教を研究すると、この祖先崇拝が宗教の始まりであるという非常に明確な痕跡が見つかります。古代エジプト人の場合、魂の最初のアイデアはダブルのアイデアでした。そこに含まれるすべての人体は、それに非常によく似ています。そして男が死んだとき、このダブルは体から出て、それでも生き続けました。しかし、ダブルの寿命は死体が無傷である限り続きました。そのため、エジプト人の間では、死体を傷つけないようにするための非常に多くの懇願があります。そしてそれが彼らが遺体を保存する巨大なピラミッドを建てた理由です。なぜなら、体の一部が傷ついた場合、それに応じてダブルが怪我をするからです。これは明らかに祖先崇拝です。古代のバビロニア人には、同じ考えのダブルがありますが、バリエーションがあります。ダブルはすべての愛の感覚を失いました。それは生き物を怖がらせ、食べ物や飲み物を与え、さまざまな方法でそれを助けました。それは自分の子供と自分の妻へのすべての愛情さえ失いました。古代ヒンズー教徒の間でも、この祖先崇拝の痕跡が見られます。中国人の間では、彼らの宗教の基礎は祖先崇拝であるとも言われるかもしれません、そしてそれはまだその広大な国の長さと幅に浸透しています。実際、中国で本当に繁栄していると言える唯一の宗教は祖先崇拝の宗教です。したがって、一方では、祖先崇拝の理論を宗教の始まりとして保持している人々にとって非常に良い立場が作られているように思われます。それは生き物を怖がらせ、食べ物や飲み物を与え、さまざまな方法でそれを助けました。それは自分の子供と自分の妻へのすべての愛情さえ失いました。古代ヒンズー教徒の間でも、この祖先崇拝の痕跡が見られます。中国人の間では、彼らの宗教の基礎は祖先崇拝であるとも言われるかもしれません、そしてそれはまだその広大な国の長さと幅に浸透しています。実際、中国で本当に繁栄していると言える唯一の宗教は祖先崇拝の宗教です。したがって、一方では、祖先崇拝の理論を宗教の始まりとして保持している人々にとって非常に良い立場が作られているように思われます。それは生き物を怖がらせ、食べ物や飲み物を与え、さまざまな方法でそれを助けました。それは自分の子供と自分の妻へのすべての愛情さえ失いました。古代ヒンズー教徒の間でも、この祖先崇拝の痕跡が見られます。中国人の間では、彼らの宗教の基礎は祖先崇拝であるとも言われるかもしれません、そしてそれはまだその広大な国の長さと幅に浸透しています。実際、中国で本当に繁栄していると言える唯一の宗教は祖先崇拝の宗教です。したがって、一方では、祖先崇拝の理論を宗教の始まりとして保持している人々にとって非常に良い立場が作られているように思われます。彼らの宗教の基盤は祖先崇拝であるとも言え、それは今でもその広大な国の長さと幅に浸透しています。実際、中国で本当に繁栄していると言える唯一の宗教は祖先崇拝の宗教です。したがって、一方では、祖先崇拝の理論を宗教の始まりとして保持している人々にとって非常に良い立場が作られているように思われます。彼らの宗教の基盤は祖先崇拝であるとも言え、それは今でもその広大な国の長さと幅に浸透しています。実際、中国で本当に繁栄していると言える唯一の宗教は祖先崇拝の宗教です。したがって、一方では、祖先崇拝の理論を宗教の始まりとして保持している人々にとって非常に良い立場が作られているように思われます。

一方、古代アーリア人の文学から、宗教は自然崇拝に端を発していることを示す学者がいます。インドではどこにでも祖先崇拝の証拠がありますが、最も古い記録にはその痕跡はまったくありません。アーリア人種の最も古い記録であるリグヴェーダサンヒターには、その痕跡は見当たりません。現代の学者は、そこで見つけたのは自然崇拝だと考えています。人間 心は舞台裏をのぞき見するのに苦労しているようです。夜明け、夕方、ハリケーン、自然の驚異的で巨大な力、その美しさ、これらは人間の精神を行使しました、そしてそれはそれらについて何かを理解するために超えて行くことを熱望しています。闘争の中で、彼らはこれらの現象に個人的な属性を与え、時には美しく、時には超越的な魂と体を与えます。すべての試みは、パーソナライズされているかどうかに関係なく、これらの現象が抽象化されることで終了します。それで、それは古代ギリシャ人にも見られます。彼らの神話全体は、単にこの抽象化された自然崇拝です。古代ドイツ人、スカンジナビア人、そして他のすべてのアーリア人種もそうです。このように、こちら側でも、宗教は自然の力の擬人化に端を発しているという非常に強い主張がなされています。

これら二つの見方は矛盾しているように見えますが、第三に和解することができます。それは私の考えでは、真の宗教の芽であり、感覚の限界を超越するための闘争を呼ぶことを提案します。人は先祖の霊、死者の霊を探しに行く、つまり、体が溶けた後の存在を垣間見たい、あるいは、途方もない背後で働く力を理解したいのです。自然の現象。どちらの場合でも、彼が感覚の限界を超えようとしていることは確かです。彼は自分の感覚に満足し続けることはできません。彼はそれらを超えたいと思っています。説明は不思議である必要はありません。私には、宗教の最初の一瞥が夢を通して来るのは非常に自然なことのように思えます。不死の人間の最初の考えは、夢を乗り越えるかもしれません。それは最も素晴らしい状態ではありませんか?そして私達は子供と未熟な心が夢と彼らの目覚めた状態の間にほとんど違いを見つけないことを知っています。自然な論理として、体が明らかに死んでいる睡眠状態の間でさえ、精神はそのすべてを続けるということを彼らが見つけるよりも自然である可能性があります 複雑な働き?この体が永遠に溶けたとき、同じ働きが続くという結論に男性がすぐに来るのは何の不思議ですか?これは、私の考えでは、超自然のより自然な説明であり、この夢のアイデアを通して、人間の精神はますます高い概念に上昇します。もちろん、やがて、人類の大多数は、これらの夢が彼らの目覚めている状態によって確認されないこと、そして夢の状態の間に人が新鮮な存在を持っているということではなく、単に目覚めた人の経験を要約することを発見しました状態。

しかし、この時までに捜索が始まり、捜索は内向きになり、乾燥した男は心のさまざまな段階をより深く探求し続け、目覚めや夢を見ているよりも高い状態を発見しました。エクスタシーまたはインスピレーションと呼ばれる、世界のすべての組織化された宗教に見られるこの状態。組織化されたすべての宗教において、彼らの創設者、預言者、および使者は、目覚めも眠りもしていない精神状態に入ったと宣言され、そこで彼らはいわゆる精神王国に関連する新しい一連の事実に直面しました。彼らは、私たちが目覚めている状態で私たちの周りの事実を理解するよりもはるかに激しくそこで物事を実現しました。たとえば、バラモンの宗教を考えてみましょう。ヴェーダはリシによって書かれたと言われています。これらのリシは、特定の事実に気づいた賢人でした。サンスクリット語のリシの正確な定義は、ヴェーダの賛美歌で伝えられた考えのマントラの予見者です。これらの男性は、特定の事実に気づいたと宣言しました—その言葉が超感覚的なものに関して使用できるかどうかを感知しました—そしてこれらの事実は記録に進みました。私たちは、ユダヤ人とクリスチャンの両方の間で宣言された同じ真実を見つけます。

南部の宗派に代表される仏教徒の場合、いくつかの例外が認められる場合があります。可能 頼まれる-仏教徒がどんな神や魂を信じていない場合は、彼らの宗教が存在supersensuous状態から導くことができますか?これに対する答えは、仏教徒でさえ永遠の道徳法を見つけ、その道徳法は私たちの言葉の意味では推論されなかったが、仏陀はそれを超感覚的な状態で見つけ、発見したということです。その美しい詩「アジアの光」で簡単に述べられているように仏の生活を研究したことのある人は、仏がその超感覚的な精神状態に達するまで、ボーツリーの下に座っているように表されていることを覚えているかもしれません。彼の教えはすべて、知的動揺ではなく、これを通してもたらされました。

したがって、途方もない声明がすべての宗教によってなされています。人間の精神は、ある瞬間に、感覚の限界だけでなく、推論の力も超越するということです。それからそれは、それが決して感知することができなかった、そして決して推論することができなかった事実に直面する。これらの事実は、世界のすべての宗教の基礎です。もちろん、私たちはこれらの事実に異議を唱え、理性の試練にさらす権利があります。それにもかかわらず、世界のすべての既存の宗教は、人間の精神に対して、感覚の限界と理性の限界を超越するこの独特の力を主張しています。そして、彼らが事実の陳述として提唱したこの力。

宗教によって主張されているこれらの事実がどこまで真実であるかという問題の考察とは別に、私たちはそれらすべてに共通する1つの特徴を見つけます。たとえば、物理学の具体的な発見とは対照的に、これらはすべて抽象化されています。そして、すべての高度に組織化された宗教において、それらは、抽象化された存在の形、遍在する存在、神と呼ばれる抽象的な人格、道徳法、または抽象的な本質のいずれかの形で、最も純粋な形のユニット抽象化を取りますすべての存在の根底にあります。現代においても、精神が持っているならば、超感覚的な状態に訴えることなく宗教を説教する試みがなされました 古代人の古い抽象化を取り上げ、「道徳法」、「理想的な統一」などとしてそれらに異なる名前を付ける必要がありました。したがって、これらの抽象化は意味がないことを示しています。私たちの誰もまだ「理想的な人間」を見たことがありませんが、それでも私たちはそれを信じるように言われています。私たちの誰もまだ理想的に完璧な人を見たことがありません、そしてそれでもその理想なしでは私たちは進歩することができません。したがって、この1つの事実は、これらすべての異なる宗教から際立っており、人または非人称的存在、または法律、または存在、または本質のいずれかの形で私たちの前に置かれる理想的なユニットの抽象化があります。私たちは常にその理想に向かって自分自身を上げるのに苦労しています。すべての人間は、誰であれ、どこにいても、無限の力という理想を持っています。すべての人間には、無限の喜びという理想があります。私たちの周りにある作品のほとんど、至る所に展示されている活動は、この無限の力またはこの無限の喜びのための闘争によるものです。しかし、彼らが無限の力を求めて奮闘しているにもかかわらず、それが到達できるのは感覚を通してではないことをすぐに発見する人もいます。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。至る所に表示される活動は、この無限の力またはこの無限の喜びのための闘争によるものです。しかし、彼らが無限の力を求めて奮闘しているにもかかわらず、それが到達できるのは感覚を通してではないことをすぐに発見する人もいます。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。至る所に表示される活動は、この無限の力またはこの無限の喜びのための闘争によるものです。しかし、彼らが無限の力を求めて奮闘しているにもかかわらず、それが到達できるのは感覚を通してではないことにすぐに気付く人もいます。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。この無限の力またはこの無限の喜びのための闘争によるものです。しかし、彼らが無限の力を求めて奮闘しているにもかかわらず、それが到達できるのは感覚を通してではないことをすぐに発見する人もいます。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。この無限の力またはこの無限の喜びのための闘争によるものです。しかし、彼らが無限の力を求めて奮闘しているにもかかわらず、それが到達できるのは感覚を通してではないことをすぐに発見する人もいます。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。しかし、彼らが無限の力を求めて奮闘しているにもかかわらず、それが到達できるのは感覚を通してではないことをすぐに発見する人もいます。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。しかし、彼らが無限の力を求めて奮闘しているにもかかわらず、それが到達できるのは感覚を通してではないことをすぐに発見する人もいます。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。彼らはすぐに、その無限の喜びが感覚を通して得られるべきではないこと、言い換えれば、感覚が制限されすぎて、体が制限されすぎて無限を表現できないことに気づきます。有限を通して無限を明示することは不可能であり、遅かれ早かれ、人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。人は有限を通して無限を表現する試みをあきらめることを学びます。このあきらめ、この試みの放棄は、倫理の背景です。放棄は、倫理の基礎となるものです。その根拠を放棄しなかった倫理規定が説教されたことは一度もありませんでした。

倫理は常に「私ではなく、あなた」と言います。そのモットーは「自己ではなく非自己」です。人間がその無限の力や感覚を通してその無限の喜びを見つけようとしているときにしがみつく個人主義の無駄な考えは、あきらめなければなりません—倫理の法則は言います。あなたは自分自身を最後に置き、他の人をあなたの前に置く必要があります。感覚は「自分が最初だ」と言い ます。倫理は、「私は自分自身を最後に保持しなければならない」と言います。したがって、すべての倫理規定はこの放棄に基づいています。物質界での個人の破壊ではなく、破壊。その無限は物質面で表現を見つけることは決してなく、それは可能でも考えられることでもありません。

ですから、人間は物質の平面をあきらめ、他の球体に立ち上がって、その無限のより深い表現を探さなければなりません。このようにして、さまざまな倫理法が形成されていますが、すべてがその1つの中心的な考え、永遠の自己否定を持っています。完全な自己消滅は倫理の理想です。自分の個性を考えないように言われるとびっくりします。彼らは彼らが彼らの個性と呼ぶものを失うことをとても恐れているようです。同時に、同じ男性は倫理の最高の理想が正しいと宣言し、すべての倫理の範囲、目標、考えは個人の構築ではなく破壊であると一瞬も考えませんでした。

功利主義の基準は、男性の倫理的関係を説明することはできません。なぜなら、そもそも、効用の考慮から倫理法を導き出すことはできないからです。それが呼ばれるような超自然的な制裁、または私がそれを呼ぶことを好むような超意識の認識がなければ、倫理はあり得ません。無限への闘いがなければ、理想はあり得ません。男性を自分たちの社会の限界に縛り付けたいと思うシステムは、人類の倫理法の説明を見つけることができません。功利主義者は、私たちが無限の後の闘争をあきらめ、超感覚的なものに手を差し伸べることを実行不可能でばかげていると望んでおり、同時に、倫理を取り、社会に良いことをするように私たちに求めています。なぜ私たちは善を行う必要がありますか?善を行うことは二次的な考慮事項です。私たちは理想を持っている必要があります。倫理自体は終わりではありません、しかし、最後までの手段。終わりがないのなら、なぜ私たちは倫理的でなければならないのですか?なぜ私は他の人に善を行い、彼らを傷つけないのですか?幸せが 人類の目標、なぜ私は自分自身を幸せにし、他の人を不幸にしないのですか?何が私を妨げますか?第二に、効用の基礎が狭すぎる。現在のすべての社会的形態と方法は、存在する社会から派生していますが、功利主義者は社会が永遠であると仮定する権利は何ですか?社会は何年も前には存在していなかったので、おそらくそれ以降は存在しないでしょう。おそらくそれは私たちがより高度な進化に向かって進んでいる通過段階の1つであり、社会だけから派生した法律は永遠ではなく、人間の本性の全土をカバーすることはできません。したがって、せいぜい、功利主義理論は現在の社会的条件の下でのみ機能することができます。それを超えて、彼らは価値がありません。しかし、宗教とスピリチュアリティから派生した道徳、倫理規定は、その範囲に無限の人間全体を持っています。それは個人を取り上げます、しかし、その関係は無限との関係であり、社会も取り上げます。なぜなら、社会は、これらの個人がグループ化された数に他ならないからです。そしてそれが個人に適用されるようにそして彼の永遠の関係は、それがいつでもどんな状態であろうと、必然的に社会全体に適用されなければなりません。このように、人類には常に精神的な宗教の必要性があることがわかります。人はいつも問題を考えることができるとは限りませんが、それがどんなに楽しいかもしれません。

霊的なことに注意を払いすぎると、この世界での私たちの実際的な関係が妨げられると言われています。中国の賢者孔子の時代にさかのぼると、「この世界の世話をしましょう。そして、この世界を終えたら、他の世界の世話をします」と言われていました。私たちがこの世界の世話をするのは非常に良いことです。しかし、スピリチュアルへの過度の注意が私たちの実際的な関係に少し影響を与える可能性がある場合、いわゆる実践への過度の注意は、ここと来世で私たちを傷つけます。それは私たちを唯物論的にします。人にとっては 、自然を彼の目標と見なすことではなく、より高い何かと見なすことです。

彼が自然を超えて立ち上がるのに苦労している限り、人は人です 、そしてこの性質は内部と外部の両方です。それは私たちの外と私たちの体の中の物質の粒子を支配する法則を含むだけでなく、実際には外部を支配する原動力である、内部のより微妙な性質も含みます。外的自然を征服することは良いことであり、非常に壮大ですが、それでも私たちの内的自然を征服することはより壮大です。星や惑星を支配する法則を知ることは壮大で良いことです。人類の情熱、感情、意志を支配する法則を知ることは、無限に壮大でより良いことです。この内なる人間の征服、人間の精神の中にある微妙な働きの秘密を理解すること、そしてその素晴らしい秘密を知ることは、完全に宗教に属します。人間の本性—つまり普通の人間の本性—は大きな物質的な事実を見たいと思っています。普通の人は微妙なことは何も理解できません。大衆は千頭の子羊を殺すライオンを賞賛していると言われていますが、それが子羊の死だと一瞬も考えたことはありません。ライオンにとっては一瞬の勝利ですが、彼らは体力の現れにのみ喜びを見いだすからです。したがって、それは人類の通常の実行です。彼らは外部にあるすべてのものを理解し、喜びを見つけます。しかし、すべての社会には、喜びが感覚ではなく、それを超えており、時折、問題よりも高い何かを垣間見、それに到達するのに苦労しているセクションがあります。そして、線の間の国家の歴史を読むと、国家の台頭はそのような男性の数の増加を伴うことが常にわかります。そして、この無限の後の追求が、しかし、無駄な功利主義者はそれを呼ぶかもしれませんが、やめました。つまり、すべての人種の強さの源泉はその精神性にあり、その人種の死は精神性が衰え、唯物論が定着した日から始まります。

したがって、私たちが宗教から学ぶかもしれない確かな事実と真実は別として、私たちが快適さは別として それから得るかもしれない、科学として、研究としての宗教は、人間の精神が持つことができる最大かつ最も健康的な運動です。この無限の追求、無限を把握するためのこの闘争、感覚の限界を超えようとするこの努力は、いわば問題ではなく、精神的な人間を進化させるために、昼夜を問わず、無限のものを作るために努力しています。私たちの存在—この闘争自体は、人間が作ることができる最も壮大で最も輝かしいものです。食べることに最大の喜びを感じる人もいます。私たちは彼らがすべきではないと言う権利はありません。他の人は、特定のものを所有することに最大の喜びを見出します。私たちは彼らがすべきではないと言う権利はありません。しかし、彼らはまた、精神的な思考に彼の最高の喜びを見いだす人に「ノー」と言う権利を持っていません。組織が低いほど、感覚の喜びは大きくなります。犬やオオカミと同じように食事をすることができる男性はほとんどいません。しかし、犬やオオカミのすべての喜びは、感覚の中にあったように、なくなってしまいました。すべての国のより低いタイプの人類は感覚で喜びを見つけますが、文化的で教育を受けた人はそれを思考、哲学、芸術と科学で見つけます。スピリチュアリティはさらに高い次元です。主題は無限であり、その平面は最高であり、そこにある喜びはそれを鑑賞できる人にとって最高です。ですから、人間が快楽を求めるという功利主義的な理由でさえ、それは存在する最高の快楽であるため、彼は宗教的思考を養うべきです。したがって、研究としての宗教は絶対に必要であるように私には思えます。すべての国のより低いタイプの人類は感覚で喜びを見つけますが、文化的で教育を受けた人はそれを思考、哲学、芸術と科学で見つけます。スピリチュアリティはさらに高い次元です。主題は無限であり、その平面は最高であり、そこにある喜びはそれを鑑賞できる人にとって最高です。ですから、人間が快楽を求めるという功利主義的な理由でさえ、それは存在する最高の快楽であるため、彼は宗教的思考を養うべきです。したがって、研究としての宗教は絶対に必要であるように私には思えます。すべての国のより低いタイプの人類は感覚で喜びを見つけますが、文化的で教育を受けた人はそれを思考、哲学、芸術と科学で見つけます。スピリチュアリティはさらに高い次元です。主題は無限であり、その平面は最高であり、そこにある喜びはそれを鑑賞できる人にとって最高です。ですから、人間が快楽を求めるという功利主義的な理由でさえ、それは存在する最高の快楽であるため、彼は宗教的思考を養うべきです。したがって、研究としての宗教は絶対に必要であるように私には思えます。人が快楽を求めるという功利主義的な理由でさえ、それは存在する最高の快楽であるため、彼は宗教的思考を養うべきです。したがって、研究としての宗教は絶対に必要であるように私には思えます。人が快楽を求めるという功利主義的な理由でさえ、それは存在する最高の快楽であるため、彼は宗教的思考を養うべきです。したがって、研究としての宗教は絶対に必要であるように私には思えます。

その効果でそれを見ることができます。それは人間の精神を動かす最大の原動力です。他の理想は私たちに精神的なものと同じ量のエネルギーを入れることができません。人類の歴史に関する限り、これが事実であり、その力が死んでいないことは私たち全員にとって明らかです。私は、単に功利主義的な理由で、男性が非常に善良で道徳的である可能性があることを否定しません。この世界には、功利主義的な理由だけで、完全に健全で、道徳的で、善良な多くの偉人がいます。しかし、世界を動かす人、 いわば、その精神が数百、数千で機能し、その人生が精神的な火で他の人に火をつけるような磁気の塊を世界にもたらします。そのような男性は、私たちがいつも見つけている、その精神的な背景を持っています。彼らの原動力は宗教から来ました。宗教は、すべての人の生得権と性質であるその無限のエネルギーを実現するための最大の原動力です。善良なものすべてのために人格を築き、他人に平和をもたらし、自分自身に平和をもたらすことにおいて、宗教は最大の原動力であり、したがって、その観点から研究されるべきです。宗教は以前よりも広く研究されなければなりません。宗教のすべての狭い限られた、戦いの考えは行かなければなりません。すべての宗派の考えと部族または国の宗教の考えはあきらめなければなりません。それぞれの部族や国が独自の特定の神を持ち、お互いが間違っていると考えることは、過去に属するべき迷信です。そのような考えはすべて放棄されなければなりません。

人間の精神が広がるにつれて、その精神的なステップも広がります。人が地球の隅々に到達せずに思考を記録することができない時はすでに来ています。単に物理的な手段によって、私たちは全世界と接触しました。ですから、世界の将来の宗教は、同じくらい広く、普遍的にならなければなりません。

未来の宗教的理想は、世界に存在し、善良で偉大なものすべてを包含しなければならず、同時に、将来の発展のための無限の範囲を持っている必要があります。過去に良かったものはすべて保存する必要があります。また、既存の店舗に将来追加する場合に備えて、ドアを開いたままにしておく必要があります。宗教はまた、包括的でなければならず、神の特定の理想が異なるため、お互いを軽蔑して見下してはなりません。私の人生の中で、私は非常に多くの霊的な人、非常に多くの賢明な人を見てきました。彼らは、私たちの言葉の意味ではなく、神をまったく信じていませんでした。おそらく彼らは私たちがこれまでにできるよりも神をよく理解していたのでしょう。ザ・ 神または非人格的、無限、道徳法、または理想的な人間の個人的な考え-これらはすべて宗教の定義の下になければなりません。そして、宗教がこのように広がったとき、彼らの善のための力は百倍に増加するでしょう。宗教は、その中に途方もない力を持っており、単にその狭さと限界のために、しばしば善よりも世界に多くの損害を与えてきました。

現在でも、ほとんど同じ考えを持った多くの宗派や社会が互いに争っています。なぜなら、ある人が別の人とまったく同じようにそれらの考えを述べたくないからです。したがって、宗教を拡大する必要があります。宗教的な考えは、普遍的で、広大で、無限にならなければなりません。そして、それだけで、私たちは宗教の最大限の遊びをするでしょう。なぜなら、宗教の力は世界に現れ始めたばかりだからです。宗教は絶滅しつつあり、精神的な考えは世界から絶滅しつつあると言われることがあります。私には、彼らは成長し始めたばかりのようです。宗教の力は、広がり、浄化され、人間の生活のあらゆる部分に浸透します。宗教が選ばれた少数のまたは一団の司祭の手にある限り、それは寺院、教会、本、教義、儀式、形式、および儀式にありました。しかし、私たちが本当の、精神的な、普遍的な概念になると、それから、そしてそれから一人で宗教は現実になり、生きるようになります。それは私たちの本質に入り込み、私たちのあらゆる動きの中で生き、私たちの社会のあらゆる毛穴に浸透し、かつてないほど永遠に善のための力となるでしょう。

必要なのは、異なるタイプの宗教の間の仲間の気持ちであり、それらがすべて一緒に立ったり倒れたりするのを見て、残念ながら、お互いの尊敬と相互の尊敬から生まれる仲間の気持ちであり、見下すような、ひいきにする、ぎこちない善意の表現ではありません現時点では多くの人が流行しています。そして何よりも、これは精神現象の研究から来る宗教的表現のタイプの間で必要です- 残念ながら、今でも宗教の名前を独占的に主張しています-そして、いわば頭がより浸透している宗教の表現彼らの足は地球にしがみついていますが、天国の秘密、私はいわゆる唯物論の科学を意味します。

この調和をもたらすために、両方が譲歩をしなければならないでしょう、時には非常に大きく、いやもっと、時には痛みを伴いますが、それぞれが犠牲のためにより良く、真実においてより進んでいることに気付くでしょう。そして最終的には、時間と空間の領域に閉じ込められた知識が出会い、精神と感覚が到達できない、それらの両方を超えた知識と一体になります—絶対、無限、秒のないもの。

タイトルとURLをコピーしました