あなたが結婚相手に選ばれない8つの理由【女性編】ワクチン未接種・非接種者の婚活

学生時代はモテたのに結婚相手に選ばれない。恋人はできるのに結婚相手に選ばれない。マッチングアプリではモテモテなのに、結婚相談所では上手くいかない・・・。

なんで恋愛と違って婚活ってうまくいかないんだろう?

そう感じている女性に向けて、なぜあなたが結婚相手に選ばれないのか、その理由を紹介します。
ここで紹介されていることの逆をしていただければ、男性から結婚相手として意識される女性になれるはずです。

結婚相手として選ばれる女性になるには下記の記事が参考になります。

男性から結婚したいと思われる女性になるために一番大切なこと【ワクチン未接種・非接種者の婚活】
ワクチン未接種者にはワクチンを接種しないそれなりの理由があるものです。 そのため、ワクチン未接種者は同じようなワクチン未接種者と結婚したいと思うもの。 しかしながら、ワクチン未接種者であれば誰でも良いというわけではありません。 本記事では、ワクチン未接種の婚活女性に向けて、男性から「結婚したい!」と思われる女性になるには何が大切か考えていきたいと思います。 男性版は下記になります。 男性に合わせること!これが一番大切です 「なんで男性に合わせないといけないの?」そう思う女性もいるかもしれませんね。 しかしながら、男性に合わせて、男性の好みの女性になることが結婚のためには一番大切です。 考えてみて下さい。婚活は男性よりも女性の方が難しいのです。 なぜなら、一般的に男性は女性と比較して、結婚や子供を作ることについての意識が低いです。 そして、女性と異なり、何歳までに出産しなくては!というようなタイムリミットもないため、焦りも少ないのです。 そのため、女性よりも意識の低い男性をその気にさせるには、男性に合わせて好みの女性になって「結婚したい!」と思わせるしかありませ...

若くない

残酷ですが、これは大きな理由です。
恋愛においてはさほど年齢は関係ないかもしれませんが、婚活市場においては年齢がとても重要です。

若く見られる、ということよりも「実年齢が若い」ということが大切になります。
人生の中で今日が一番若いとよく言われます。
今日から早速婚活を始めましょう。

是非、婚活は早めに始めましょう。その理由は下記を参考にしてみて下さい。

婚活は若い頃から始めるのが有利!その理由は?【ワクチン未接種・非接種者の婚活】
婚活をしたいとはなんとなく思っているけど、若いからまだいいや。そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか。 普通の出会いやマッチングアプリにおいての出会いでは、「結婚」以外の目的も多いので一概に若い方が有利ということも言えないと思います。 しかしながら、結婚相談所の婚活においては若い方が圧倒的に有利です。 今回は、「婚活は若い頃から始めるのが有利」という理由を紹介しようと思います。 婚活は若い頃から始めるのが有利!その理由は? 若い人はライバルが少ないので、申し込みが殺到する 結婚相談所においてボリュームゾーンは女性30~42歳くらい、男性は35~45歳くらいです。 一方、若い歳というのが何歳くらいかと言うと、女性は25~28歳くらい、男性は27~32歳くらいです。 「女性25~28歳くらい、男性27~32歳」の年代は結婚相談所において登録が少なく、ライバルも多くないのが特徴です。 そして、男女共に自分より若い方を好む傾向にあるので、お申し込みも殺到します。 若い頃の方がバランスの良い未婚者が多い 周りを見てみて下さい。45歳になっても独身の人、25歳で結婚...

「結婚=等価交換」だということが理解できていない

結婚とは等価交換です。
相手の欲しがっているものをひとつ差し出すことができてはじめて、相手から一つ得ることができます。

例えば、男性は「年収・清潔感・コミュニケーション能力」が主に求められています。
一方、女性には「年齢・性格(癒し)・家事」が求められる傾向にあります。

もしあなたが男性に対して年収を求めるのであれば、それを得るかわりに、男性に対して何を提供できるのか考えてみましょう。

そして、「提供できること」=「相手が求めているもの」である必要があります。
独りよがりにならないように気を付けながら、相手の男性が求めているものを提供していきましょう。

理想が高い

理想が高いこと、これもあなたが結婚できないひとつの理由です。
「そんなことないわ、全然理想なんて高くない」あなたはそう思っているかもしれませんね。

私が求めているのは普通の男性。
身長が170㎝で大卒、年収は最低500万円で清潔感があって、優しくて私を大事にしてくれる普通の男性。
理想なんて全然高くない。

そう思っているのではないでしょうか。
たしかにひとつひとつのポイントは普通です。
しかしながら、それらのポイントを全て満たしている男性は少なく、「普通とは言えない特別な男性」です。

もし逆の立場だったらいかがでしょう。

「年齢は20代後半で外見は普通、可愛げのある性格で料理好きな人がいいな」
男性はこのように思っている人が多いです。

あなたはいくつ男性の要望を叶えることができるでしょう。
高くないと思っていたあなたの理想は、実はとっても高いのです。

結婚とは等価交換です。
相手の男性に提供できる分を求めるようにしていきましょう。

もし、高スペック男性を求める傾向にある場合は、下記の記事を参考にしてみて下さい。

年収や職業など高スペックを求める婚活女性へ 恋愛と結婚では男性が女性に求めるものは異なる【ワクチン未接種・非接種者の婚活】
今までモテてきた女性は「年収2000万円以上で、経営者で身長は170cm以上が希望です。そういう人たちとお付き合いしてきたので、話が合うんです。(そうでない人とは話が合わないんです)」などとおっしゃる場合が多いように思います。 今日は高スペック男性を求める女性に「恋愛と結婚とでは女性に求めるものが異なる」という話をしたいと思います。 婚活女性の勘違い「恋愛と結婚は異なる」が身に染みて分かっていない 「恋愛と結婚は異なる」ということがよく分かっていないなぁ、と失礼ながら婚活女性を見ていて感じます。 おそらく「恋愛と結婚は異なる」というと、女性は「恋愛=ドキドキ、結婚=現実」と考えるかもしれませんが、男性側から見ると、「恋愛と結婚とでは女性に求めるものが異なる」のです。 今まで年収2000万円以上の経営者とばかりお付き合いしてきたので、結婚するならそういう人しか考えられない、というような話をよく耳にします。 きっとあなたは魅力的な女性なのだと思います。 しかしながら、お付き合いした高スペック男性のうちの何人から「結婚して欲しい」とプロポーズされましたか? もし、お付き合いし...

性格がキツイ

「性格がキツイ」これは結婚相手に選んでもらう上で致命的にマイナスです。
誰が自分に対してキツイ・厳しい人と結婚したいと思うでしょうか。

男性からかわいいと思われる性格になるように訓練していきましょう。
可愛げは訓練で身に付きます。

最初は演技かもしれませんが、かわいい性格を演じているうちに男性が喜んでくれて自分に対して優しくしてくれると感じるでしょう。
そうなればますますあなたは可愛げのある性格という演技を繰り返していきます。
演技を繰り返していくうちに、その演技は性格に変わっていきます。

男性に家事を求める

ほとんどの女性が外で働いている現代。男性に家事を求めるのは普通のことです。
しかしながら、求め方には注意が必要です。

例えばデートの時に結婚後の家事の話になったとしましょう。
そこで男性が「家事を手伝うよ」と言ったとしましょう。

その時にあなたが「手伝う?家事は2人でやって当たり前なんだから、手伝うって言い方がおかしい」なんて言ってしまったらおしまいです。

あなたの言っていることが正論であっても、自分に厳しい女性と結婚したい男性などいません。
また、結婚して一緒に暮らすことになって子供でもできれば、とても女性のワンオペで家事をすることなどできません。

なし崩し的に、自然に男性も家事を分担することになるでしょう。(どのくらい分担するかは家庭ごとに違いがあるとは思います)

交際中の今の段階では男性が「家事手伝うよ」と言ったら、「ありがとう、嬉しいなぁ^^」って喜ぶのが正解です。
男性からかわいいな、結婚したいなって思ってもらえるような可愛げのある性格になることを意識していきましょう。

料理をしない

男性は家庭に癒しを求めています。
そして、その癒しとは大好きな妻が居てくれてあたたかい料理を作ってくれることなのです。
昔から男性の求めるものは変わっていません。

料理が今できない、ということは問題ではありません。
料理を覚えようとしない・やる気がないことが問題なのです。

正直に言って、料理ができない女性とはなかなか結婚後の家庭をイメージしにくいものです。

料理が得意でない場合、「練習したいなって思ってます」「今、学んでいます」など、ポジティブな印象を与えることができるように心掛けていきましょう。

細かい

細かいということは良いことでもあります。例えば、細やかに気を遣える女性を素敵に感じる男性は多いものです。

しかしながら、その細かさが男性に向かったとしたらどうでしょう。
男性はいつも至らない点を指摘され、監視されているように感じてしまうのではないでしょうか。
男性は家庭に対して、癒し・リラックスを求めています。

あなたが男性に対して癒し・リラックスを提供できる人であれば、男性はあなたと結婚したいと思うでしょう。

癒し・リラックスを感じてもらうためには、女性の性格は大らかな方が良いのです。
しかしながら、細かい・大らかなどの性格は生まれながらのものであり、なかなか変えることができないのも確かです。

もしあなたが細かな性格であれば、それを相手に気付かせないくらいの細やかな気遣いができると素敵ですね。

一つ例を挙げましょう。
私は生まれながらに足があまり良くないです。普通の人が気づかないくらいではありますが、右足を多少引きずっています。

そこで細かなところに気付くあなたは、「足どうしたの?何があったの?怪我したの?それとも生まれつき?」なんて聞いたりします。
これは最悪、0点です。

もしあなたが普通の人には気づかないところまで気付くのであれば、何も言わずに彼の足を気遣って、あまり歩かせなくて済むように近くのお店に入ってお茶するなどの提案をしましょう。

ここまでできれば、細かいという一見マイナスな性格も細やかな気遣いができるというプラスにかわっていきます。

男性は言いたいタイミングで自分の欠点についても自己開示していきます。
それまでは何も聞かずに気遣いができたとしたら、とても素敵なことだと思います。

お金がかかる

お金のかかる女性と結婚したいと思っている男性はなかなかいないものです。なぜなら、結婚後は2人の財布だからです。

そのため、あなたはお金のかかる女性だと思われてはなりません。

「でも、私は高価なプレゼントなんてリクエストしていないし、お金のかかる女性だとは思われていないと思います。」そう感じているかもしれませんね。

しかしながら男性はお金のかかる・かからないをもう少し異なる角度から判断しています。

例えば、きれいなお店・高級な食事だと喜んで、大衆居酒屋だとテンションが下がっていませんか?そういうところを見ると男性は「高価なところしか楽しめない女性=お金のかかる女性」だと思ってしまいます。

または、食事を当たり前のように毎回ご馳走になっていませんか?
ご馳走になること自体は全然悪いことではありません。

ただし、食事をご馳走になったら、お茶はあなたがご馳走する・たまには食事代をいくらか出してみる・食事をご馳走になった代わりにお弁当を作ってあげる、などの気遣いは必要です。

男性はバランスのとれる女性かどうか、というところを見ているのです。

ご馳走されっぱなしの女性、プレゼントされっぱなしの女性、もらって当たり前だと思っている女性はお金のかかる女性だと判断されてしまいます。

質素倹約に励め、ということではありません。
バランスを考えることのできる女性だと思われることで、金銭面に対してもしっかりしている女性だと思ってもらえるのです。

婚活がつらい、と思った時にはこちらの記事を読んでみて下さい。

結婚相談所の婚活がうまくいかない・つらい・やめたいと思っている女性へ【ワクチン未接種・非接種者の婚活】
婚活をしているとなかなかうまくいかなくて悔しい思いをすることもあるのではないでしょうか。 そして、うまくいかないと次第につらいと感じてきて、最終的には婚活をやめたいと思ってしまうこともありますよね。 今回はそんなつらい思いをしている女性に向けて、どうすれば婚活がうまくいくようになるか考えていきたいと思います。 婚活がうまくいかない・つらい・やめたいと感じてしまう理由 年齢が原因でマッチングしない 婚活においては年齢をとてもシビアに見られます。 どんなにきれいで性格も素敵な方であっても、年齢だけでマッチングに至らないことも多くあります。 年齢の問題についてはご自分ではどうにもできませんので、マッチングせずとも落ち込まずに切り替えていく習慣づけが必要です。 また、結婚相談所では特に女性はどうしても年齢を最初に見られてしまいます。 もしあなたが年齢を重視されるのが耐えられない、という場合、結婚相談所ではなく趣味のサークルなどでお相手を見つけた方が良いかもしれません。 結婚相談所では45歳の女性は高齢な方に入ると思いますが、それがもし短歌のサークルだったとしたらどうでしょう...

ワクチン未接種・非接種者限定の結婚・婚活相談所を運営しています

いかがでしたでしょうか。あなたが結婚相手に選ばれない理由について書かせていただきました。
ひとつひとつ改善することは難しいと思いますが、大切なのは「男性に一緒に居て心地良いと思ってもらうこと」です。

「結婚相手に選んでもらいたい」と思った時には本記事で挙げたポイントを参考にしていただけると嬉しいです。

完全無料でワクチン未接種の結婚・婚活相談所を運営していますので、ご興味のある方は是非ご応募お待ちしております♪

ワクチン未接種者限定の結婚・婚活相談所を開設した理由は下記を参考になさって下さい。

なぜワクチン未接種・非接種者限定の結婚・婚活相談所を開設したの?
ワクチン未接種者は同じくワクチン未接種者と結婚・婚活したいと思うのではないでしょうか?私はそうでした。しかしながら、大半の結婚相談所では、どなたがワクチンを接種しているのかそれとも未接種なのか公表しておりません。ワクチン未接種者同士で結婚して幸せになりたい、そんな想いからワクチン未接種者限定の結婚・婚活相談所を開設しました。

料金・入会資格

料金・入会資格【ワクチン未接種・非接種者限定 婚活・結婚相談所】
女性 入会金・登録料 無料 月会費 無料 プロフィールシート作成料 無料 以下は有料になります ご紹介料 お1人につき1万円 ※マッチングしなかった場合もご紹介人数に含まれます。 マッチング料金 お1人につき2万円 プロフィールシート修正料 1回1000円 各種相談料 1回1万円 例)お1人ご紹介・マッチングが成立した場合、 1万円+2万円=3万円の費用が発生致します。 ワクチン未接種者に限定しておりますので、ご紹介人数は多くないことが予想されますので、月会費は無料になります。 男性 入会金・登録料 無料 月会費 無料 プロフィールシート作成料 無料 マッチング料金(マッチングが成立し、アドレスなど連絡先をお伝えした場合)お1人につき3万円 ご紹介料 お1人につき1万円 ※マッチングしなかった場合もご紹介人数に含まれます。 各種相談料 1回1万円 プロフィールシート修正料 1回1000円 例)お1人ご紹介・マッチングが成立した場合、 1万円+3万円=4万円の費用が発生致します。 男性の方...

Q&A

ワクチン未接種・非接種者限定 婚活・結婚相談所 よくあるご質問【Q&A】
なぜ、ワクチン未接種・非接種者限定の婚活・結婚相談所なのですか?ワクチン接種した人は入会できないのでしょうか? 未接種の人は未接種の人と結婚したいと考えるものです。ワクチン接種した方はご入会いただけません ワクチンを接種してない人には、その人ごとに必ず理由があります。そのため、ワクチン未接種者は未接種の方とお付き合いしたいと思うのが自然です。 当婚活・結婚相談所はワクチン未接種の方が安心して婚活できるよう、未接種者・非接種者限定にさせていただいております。 未使用の接種券ではワクチンを接種していない証明にならないんじゃないの? たしかに厳密には証明できかねます 接種券がなくても(忘れても)ワクチンを打つことはできます。そのため、未使用の接種券を持っているだけでは、正確にはワクチンを受けていない証明になりません。 また、私のようにワクチン接種しないと最初から決めている人は、接種券そのものを捨ててしまっている場合も多いでしょう。 しかしながら、接種券をお持ちでない場合、再発行してもらうことができます。 このような手間を惜しまず提出することで、その人が未接種だという可能...

お問い合わせ

お問い合わせ【ワクチン未接種・非接種者限定の婚活・結婚相談所】
お問い合わせフォーム ワクチン未接種・非接種者限定の婚活・結婚相談所についてご不明な点がございましたら、下記よりお問い合わせ下さい。 マナーを欠く質問にはお応えしかねます。 誠実な方のご質問をお待ちしております。

ご登録フォーム

まずはこちらをご記入いただき、送信ボタンを押して下さい

少しでもワクチン未接種・非接種者限定の婚活相談所に興味がある、という場合にはお気軽にご登録フォームの送信をお願い致します。
ご登録フォームの送信をしたからといってご入会になるわけではありませんので、ご安心下さい。
ご登録フォームから送信していただくことで、当婚活・結婚相談所の担当者とのやりとりが可能になります。

ご記載後、「送信ボタン」を押していただきますと、メールアドレス宛に自動返信メールが届きます。
もし自動返信メールが届かない場合は、「入力したメールアドレスが正しいかどうか」「必須項目が全て入力できているかどうか」をご確認いただき、再送信をお願い致します。

    性別 (必須)

    ワクチン接種の有無 (必須)
    ※未接種者限定の結婚相談所になります。

    ワクチン未接種の理由 (必須)

    年齢 (必須)

    お住まい(必須)

    電話番号(必須)

    タイトルとURLをコピーしました