オンライン婚活後(本マッチング成立後)の初デートを成功させるためには「楽しむこと」が大切

オンライン婚活の後、めでたく本マッチングが成立したら次は初デートですね♪
今回は初デートの準備や心構え、具体的な行動についてお話ししたいと思います。

一番大切なのは楽しむと決めることです。

昨今の婚活では「男性が女性をエスコートすること」つまり、「男性が女性をおもてなしして楽しんでもらうこと」を大切にしている風潮です。
これはデートをスムーズにするために間違ってはいませんが、それより大切なことは「楽しむと決めること」です。

男女共に自分が楽しむこと、それが大切です。

何があっても楽しむと決めてしまうのです。
これからいろいろ細かい点についての記載をしていきますが、それはあくまで人によって参考になるところがあれば良いなと思ってのことで、言いたいことは「デートを楽しむと決めて下さい。」という、この1点になります。

婚活・結婚相談所のご登録・入会面談はこちらです

会う日時や場所、お店について

日時・場所

会う日時は休日の昼間(ランチタイム)がベストです。
会う場所は男女どちらも行きやすいところにして下さい。
中間地点が難しい場合は、女性側に寄せるのがスマートです。
(しかしながら、女性の詳細な住所を聞いたり、女性の最寄り駅にすることは避けて下さい。)

なぜ休日の昼間が良いのか?

初めて会う場合、女性にリラックスしてもらうことが必要です。
夜ですと女性が緊張してしまうかもしれません。
また、帰り道も心配です。

男性側としても、平日の夜にした場合、残業などで遅れてしまう、または仕事が終わらなくてキャンセルせざるを得なくなってしまうかもしれません。仕事上のイレギュラーが発生する可能性を考えて、なるべく休日の昼間にしましょう。

もし夜に会う場合には、絶対に遅れないと分かっている日や休日の夜にして下さい。

サクッと初回のデートを終わらせることができる

初対面の人と長時間一緒にいるのは気を遣ってしまってストレスになるものです。
休日の昼間であればランチをしてお茶を飲んで、2時間で解散というサクッとコースにしやすいです。
「もうちょっと一緒にいたかったな」と少しもの足りなさを感じるくらいが次につながりやすいです。

休日の昼間デートにすることで、スマートなデートがしやすくなります。

お店を決める

お店は男性が決めて、事前に予約するようにしましょう。
男性が決めると言うと負担に感じてしまう方がいるかもしれませんが、そうではありません。
自分が決めるからこそ、何かアクシデントが発生した時に、切り返すことができるのです。

これは普段の仕事の感覚と同じです。
例えば、仕事においても準備しなければクライアントに対して自信を持ってプレゼンできませんし、何か質問をいただいたりイレギュラーが発生した際にも落ち着いて対応することはできません。事前に準備するからこそ、自信を持って行動することができます。

デートを自分のフィールドにするためにも男性が予約した方が良いでしょう。
お店は男性が決めるようにしましょう。

どんな立地のお店にするか?

駅近くの分かりやすいところにあるお店にしましょう。
女性はヒールのある靴を履いてくる可能性もあるため、駅から遠くて歩いていると足が痛くなるような店を選ぶのはやめましょう。

また、駅で待ち合わせて店まで一緒に行くことは、初対面だと駅からお店までの会話がぎこちなくなってしまう可能性もあるのでなるべく避けたいものです。
(太陽の下で顔を見られたくないという女性もいます。)

店待ち合わせにするためにも、なるべく駅から近くて分かりやすいお店にしましょう。

どんなものを食べに行くか?

オンライン婚活や本マッチング成立後のやりとりで女性の好きな食べ物が分かっている場合は、それにすれば良いと思います。
分かっていない場合は「和食・イタリアン・中華」の3択を提示して、女性に好きなものを選んでもらって下さい。

どのくらいの価格帯のお店にするか?

ひとりあたり5,000円以内くらいのカジュアルなお店にしましょう。
男性がご馳走するつもりだからと言って、高級なお店にすることは避けましょう。
女性が恐縮してしまう可能性もありますし、割り勘にしたいと考える女性もいますので、あまり高くないカジュアルなお店が良いでしょう。
ディナーで1万円するお店でもランチは5,000円以内というお店も多いものです。
休日の昼間に5,000円以内で食べることができるカジュアルなお店をおすすめします。

実際にどうやってお店を探すか?

Googleマップで口コミ評価が高いお店にしましょう

会う場所と「和食・イタリアン・中華」のどれにするか決まったら、実際にお店を探します。
Googleマップの口コミは忖度の少ないものになっているのでGoogleマップの口コミを参考にします。

ここでの注意点としては評価の点数だけで決めないということです。
評価が4.0を超えるようなお店でも、サラリーマンに人気のありそうな、おいしいけれど騒がしい店もあります。

口コミ評価の点数とともに、店内の写真や実際の口コミを読んで、きれいで静かそうなお店を選ぶようにしましょう。

婚活・結婚相談所のご登録・入会面談はこちらです

身だしなみ

男性

  • 爪を切りましょう。
  • 髪は長すぎず似合っていれば大丈夫です。
  • 髭については、夜剃っている人もいると思いますが、なるべく爽やかに見てもらいたいので、外出前に剃るようにすると良いでしょう。
  • 鼻毛をチェックしましょう。鏡で見て大丈夫そうでも一度「にこっ」と笑った顔でチェックしてみて下さい。事前にカットしておきましょう。
  • 女性は香りに敏感なので、できれば外出前にシャワーを浴びておくようにしましょう。
  • フケが髪や服についていないようにして下さい。
    (フケが出やすい人は濃い色の服を避けて下さい。)

服装

ファッションに自信がある男性の場合は、自分が気に入っているものを着れば良いと思います。
自信がない場合は、オーソドックスなもの、具体的には襟付きのシャツで良いでしょう。

こんな感じです。

初デートの服装

ファッションはオシャレに感じさせる必要はありません。
ダサい・こだわりが強いと女性に思われなければOKです。

このようなオーソドックスなシャツを色違いで何枚か持っていると便利だと思います。
パンツも太過ぎず細すぎず丈の合ったものであれば大丈夫です。

靴については足元がすっきり見えるような少し細めのタイプのものがスタイルが良く見えると思います。
服装がビジネスカジュアルに近くても仕事用の靴を履くのは、ちぐはぐに見える可能性があるので避けましょう。

※襟つきのシャツを着てもNGな例

インナーが見えている、インナーが透けているのはNGです。

【男性へのお願いについて】
できればカーディガンなどの羽織るものを1枚持っていくと良いでしょう。
Tシャツ1枚で大丈夫な夏場であっても、空調が直接当たるなど、店内は寒い場合もあります。
自分は大丈夫でも女性が寒がった時に貸すことができるよう、羽織るものを持っていくと安心です。

持ち物について

ボロいものは貧相に見えるので避けましょう。
高くなくても大丈夫なので、財布などはきれいな方が良いでしょう。

時計については、安っぽく見えるものの場合はしない方が良いでしょう。
年齢相応の時計やアクセサリーを着けることはOKです。
しかしながら、癖が強そうと思われかねないアクセサリーは着けない方が無難です。

また、時計について女性から何か聞かれたら「好きでしている」と答えて下さい。
男性の場合、お金を持っているように思われることはプラスですが、コレクションしていても言わない方が無難です。
無限にお金がかかりそうと思われることは避けたいものです。
ロレックスのようなリセールバリューが高いものでも、理解されない可能性もありますので、コレクションしていると思われない方が良いでしょう。

注意点

派手な服装や金のネックレス、セカンドバッグ・サングラスなど、女性によってはNGが出そうなものは避けるようにしましょう。
(サングラスは紫外線対策としてすることもあると思いますが、遊び人風に見られることを避けたいので、外して下さい。)
初デートでは、お相手の好みも分からないので、服装や持ち物については高得点を得ることを目指さず、NGが出ないことを意識して無難にまとめましょう。

女性

女性の場合は、ほとんどの方が身だしなみに気を遣っていると思いますので、特に言うことはないですが1つだけお伝えします。

よく言われるのは、「お金がかかる女性だと思われないように」、ということですが、1つ2つ高価なものを着ける分には構いません。

男性は女性の華やかさに魅かれることもあります。
お金のかからない女性が全て正解というわけでもありません。

自分の好きなものが高価だった場合、1つ2つポイントとして着けていくことは大丈夫です。
パッと見て分かるようなブランド物で全身を固めるようなことだけは避けるようにしましょう。

初回デートの服装は清楚にまとめましょう

初回デートでは男性の好みも分かりませんので、好みの分かれそうな、例えばフリフリの服などは避けましょう。
オフィスカジュアルやアナウンサーのような感じなど、大多数の人が受け入れそうな清楚な服装にしておくと無難です。

婚活・結婚相談所のご登録・入会面談はこちらです

当日のお店にて

店員さんへの態度について

店員さんへ横柄な態度を取ることがNGだということはみなさんご存じだと思います。
これは一発アウトですので絶対にしないで下さい。

注意したいのは、店員さんへの態度を気を付けるあまりに、へりくだってしまうことです。

へりくだることは「この人きっと会社でも下っ端なんだ、使われる立場なんだ」と女性に想像させてしまう可能性があるため避けて下さい。

男性の態度の基本は堂々と、そしてゆったりとです。

予約した店が外れだったらどうするか?

それも楽しんで下さい

事前に調べて予約した店が失敗だった、店が騒がしかった、料理がなかなか運ばれてこない、おいしくない、接客がイマイチだったなど、起こり得る可能性があります。

そんな時、「せっかくなのにごめんね。」と謝ってしょげていてはいけません。

「せっかくなのにごめんね、こんなお店なかなかないよね、貴重な体験^^♪」くらいに笑い飛ばす余裕が欲しいです。

最初に言った、どんな状況でも楽しむと決めることがこういう時にいきてきます。

マイナスなことが起こった時に、それをそのまま受け止めてしまっては、「経験の浅い人、器の小さい人、対応力のない人」と思われてしまいます。

また、女性に対して謝るだけでは、「この人と一緒に居ると楽しいな」と思われることはないでしょう。

どんな状況でも自分自身が楽しむということを意識して下さい。

女性側の態度について

女性はご馳走になることもあると思います。
その男性との食事をご馳走になるか、それとも割り勘になるかは、その男性次第だと思いますが、ご馳走になる可能性も考えておいた方が良いと思います。

ご馳走になる場合を考えた女性の良い態度は「楽しむ」「喜ぶ」ということです。
ご馳走する側は、マナーとしてそうしている場合もありますが、「楽しんでくれたらいいな、喜んでもらいたいな」と思ってそうしている場合も多いので、「食事を楽しむこと」が女性側のマナーと言えるでしょう。

男性がご馳走するか?それとも割り勘にするか?

これはたいした問題ではないと個人的には思いますが、男性はご馳走するつもりでいる、女性は自分の分は自分で支払うつもりでいるとスムーズでしょう。

ただし、もし割り勘にする場合にも男性の方がよく食べる場合が多いので、6割~7割は男性が出すようにしましょう。

ご馳走する時の男性の態度

ご馳走する場合には、相手の女性に対して重さを感じさせないことが大切です。
「マナーだから」「男性だから」しぶしぶご馳走していると感じさせてはいけません。

「楽しかったからご馳走させて欲しい」、という雰囲気でご馳走するのが良いでしょう。
また、女性が化粧室に行っている間にお会計を済ませておくのがマナーだと思っている男性も多いと思いますが、それにこだわる必要もありません。
支払い途中で女性が戻ってくる可能性もあるのでなかなか難しいものです。
お会計を女性に気付かれないようにすることを意識しすぎるのはやめましょう。

自分が楽しかったからご馳走させて欲しい、という想いが伝わればOKです。

※それでも会計をスマートに済ませたい場合は、食事の終盤で男性がお手洗いに行ったタイミングで会計も済ませるのが女性に気付かれにくくて良いかなと思います。
(レジの位置によってはうまくいかない場合もあります。)

ご馳走になる場合の女性の態度と、ご馳走になりたくない場合の対処方法

ご馳走になる場合に女性がやりがちなのは、恐縮してしまうことです。
これは男性側からするとあまり嬉しくないですし、気まずい雰囲気になる可能性もあるので、笑顔で「ご馳走様、おいしかった」と言って喜ぶのが良いでしょう。

ただし、「この男性ないな」、と思った時には、後々トラブルになる可能性をなくしておくためにも、自分が食べた分は支払っておく方が安全でしょう。

男性にご馳走するよ、と言われても「私も楽しかったから是非払いたい」などと言って、貸し借りなしの状態にしておきましょう。

食事のマナーについて

音を立てない、くちゃくちゃしない、口を閉じて食べる、箸の持ち方が正しいなどの基本的なことができていれば大丈夫です。
マナーを気にするあまり会話に集中できないのはもったいないです。

食べ方でNGが出ないくらいの、一般的なマナーで大丈夫です。
(マナー講師からNGが出ないレベルはなかなか難しいのでそこまでしなくて大丈夫です。お相手の方から食べ方で「んっ?」と思われなければ大丈夫です。)
そうは言っても気になる方もいらっしゃると思うので、代表的なNG例を記載します。

  • 箸で皿をたたく
  • 食器を置くときに音を立てる
  • 手拭き用おしぼりで顔やテーブルを拭く
  • 食べ終わった皿を重ねる
  • 食べかけの食べ物を皿に戻す
  • 箸を持っていないほうの手を皿のようにして食べ物の下に持って行って食べる
  • 汁物を食べ終わったときに、ふたを裏返しにして戻す
  • テーブルにひじをついて食べる
  • お椀や皿を持たずに顔を料理に近づける
    (引用:日本の食事マナーを知ろう!NGなご飯の食べ方も確認!)

お箸の使い方の代表的なNG例は下記になります。

  • 刺し箸:食べ物に箸を刺すこと
  • 迷い箸:食べるものに迷って箸を食べ物の上でふらふら動かすこと
  • 寄せ箸:箸を使って皿を引き寄せること
  • ねぶり箸:箸先に付いた食べ物を口に入れてなめ取ること
  • にぎり箸:手を握りしめて箸を持つこと
  • 渡し箸:食事中に皿の上に箸を置くこと
  • 移し箸:箸と箸でひとつの食べ物を持つこと
  • 涙箸:食べ物の汁を垂らしながら運ぶこと
  • 探り箸:食べたいものを探して混ぜること
  • 返し箸:箸をひっくり返して箸を持つ部分で料理を取ること
    (引用:日本の食事マナーを知ろう!NGなご飯の食べ方も確認!)

食べるペースについて

食べるペースもあまり気にすることはないと思いますが念のために記載します。

男性の方が女性よりも多少早くても構いません。
しかしながら、女性の中には男性のペースに合わせなくては、と焦ってしまう方もいますので、相手の女性がそのように気を遣うタイプでしたら、女性のペースに合わせて下さい。

また、デートのメインは食べることではなくお話しすることになります。
そのため、お二人の会話が盛り上がっていれば、自然と食べるペースはゆっくりになるものです。

ゆっくり食べて、たくさん会話することを心がけて下さい。

食事中の話題について

話題は明るいこと、楽しいことを中心にすると良いでしょう。
(否定的な話題・お相手を意見を否定するようなことは避けて下さい。)
婚活という場面で知り合った2人なので、恋愛観や結婚観について話すこともとても良いと思います。

なかなかうまく話せないと困る人もいると思いますので1つアドバイスするとすれば、事前の準備として、相手の興味あることについて調べておくと安心できるかもしれません。

しかしながら、本当のことを言えば話す内容は大事ではありません。
なんとなく楽しい、一緒にいてリラックスできるなど、楽しい雰囲気になっていれば大丈夫なので、あまりこだわらずに気楽にいきましょう。

避けたい話題について

話す内容はこだわる必要はありませんが、楽しい雰囲気を作るということは大切にして欲しいです。
初回のデートでは、お金のことや家族の問題、健康問題などのシリアスな内容は控えるようにしましょう。
それらは大切なことだと思いますが、まだ相手に対して興味がある段階・興味があるけれど好きにはなっていない段階でそのようなことを打ち明けると、一気に離れていく可能性があります。

恋愛の初期段階でそのようなハードルを見せられると、ハードルをハードルとして受け取り、離れて行ってしまう可能性もあるため、相手が充分にあなたのことを好きになってから、徐々にそのような話をするようにしてください。

次回のアポイントについて

お相手のことが気に入った場合、できれば次回の会う日程について食事中にお話しできると良いと思います。

具体的な日程がその場で決まらなくても大丈夫です。
大切なのは「また会いたい」という気持ちを伝えることです。

帰宅したら

お礼の連絡をしましょう。
「楽しかった」「一緒に過ごせて嬉しかった」「また会いたい」などなんでも良いですが、お相手に対して感謝の気持ちを伝えられると素敵ですね。

婚活・結婚相談所のご登録・入会面談はこちらです

デート中の男性の態度について

男性の態度は堂々と、ゆったりとを心がけて下さい。
昨今の婚活では、男性がいかに女性をエスコートするか、おもてなしするかばかりが話題にされていますが、エスコートを気にするあまり、おどおどしたりちょこまかした感じになってしまっては本末転倒です。

次回のデートにつながらなかったとしたら、細かなエスコートに対してNGを出されたわけではなく、全体的な態度が自信のないもので頼りなく感じさせてしまった可能性の方が高いでしょう。

堂々と、ゆったりと、そして丁寧にがベストです。

前述しましたが、お店が外れでも笑いとばすなど、マイナスなことがあってもプラスに変えることが大切です。

そのためにも、何があっても自分自身がデートを楽しむ、と決めて臨んで下さい。

恋愛経験について

婚活で知り合った男女がデートした場合、恋愛経験についての話になることもあると思います。
その際、男性側の恋愛経験が少ないと気後れしてしまうこともあると思いますが、そういった場合には恋愛経験を多く見せようとはせず、仕事の話をして下さい。

仕事が忙しくてなかなか恋愛する時間がなかったと言うことは男性の場合有効です。
仕事を頑張っていることは女性に対して安心・安全を与えることにつながります。

恋愛経験が少ないことにコンプレックスを抱かず、仕事について自信を持って話しましょう。

デート中の女性の態度について

デート中の女性の態度も楽しむということが一番大切です。
女性はもてなされる側になるケースが多いと思いますが、男性は女性が楽しんでくれているかどうかをとても気にしています。

女性が楽しんでいると男性も安心して自信を持つことができますので、女性は「楽しむ」「喜ぶ」ということを意識して下さい。

また、女性の場合は男性以上に「きちんとしていること」を期待されている場合も多いので、初回のデートでは節度のある態度を保つようにしてください。
(あくまで結婚相手として意識してもらうことが大切です。あまりに砕けていて気安い態度ですと、友達として認識されてしまうので、節度を持った態度で結婚相手として意識してもらえるようにしましょう。)

その他、座っている時の姿勢が良い、笑顔が多い、話を聞いている時の態度や相づちの仕方が良い、上品な振る舞いなどを意識すると男性に対して、より好感を与えやすくなります。

恋愛経験について

男性の場合、恋愛経験が多いことは「1周回って落ち着いた」とプラスに捉えられることもありますが、女性の場合はそうではありません。

もし恋愛経験が多かったとしても、あまり多くを語らない方が無難です。
節度を持った態度で結婚相手として意識してもらえるようにしましょう。

ワクチン未接種・非接種者限定の結婚・婚活相談所を運営しています

いかがでしょうか。
初回のデートは緊張してしまうかもしれませんが、細かな失敗を気にする必要はありません。
楽しむことが大切です。

ワクチン未接種者の婚活にご興味のある方は、下記の「ご登録フォーム」からお問い合わせ下さい。
みなさまのご入会お待ちしております。

ワクチン未接種者限定の結婚・婚活相談所を開設した理由は「なぜワクチン未接種・非接種者限定の婚活・結婚相談所を開設したの?」を参考になさって下さい。

ご登録フォーム

ワクチン未接種・非接種者限定の婚活・結婚相談所に少しでも興味のある方は、下記ご登録フォームの送信をお願いします。

※「ご登録フォームを送信した=ご入会」ではないのでご安心ください。
まずはお気軽にご登録フォームの送信をお願い致します。

ご記載後、「送信ボタン」を押していただきますと、メールアドレス宛に自動返信メールが届きます。

もし自動返信メールが届かない場合は、「入力したメールアドレスが正しいかどうか」「必須項目が全て入力できているかどうか」をご確認いただき、再送信をお願い致します。

※特に、最近Gmailやyahooメールの受信容量が変更になったのか、Gmailやyahooメールのアドレスからご登録になった方に、自動返信メールがうまく届かないことがあるようです。自動返信メールが届かない場合はGmailやyahooメール以外から再度ご登録をお願いします。

    ●性別 (必須)

    ●ワクチン接種の有無 (必須)
    ※未接種者限定の結婚相談所になります。

    ●年齢 (必須)

    ●職業 (必須)

    ●お住まい(必須)

    ●電話番号(必須)


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されておりプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ワクチン未接種・非接種者限定の婚活・結婚相談所

    メニュー

    タイトルとURLをコピーしました